いきなり誘っていませんか? | 龍之 昇の「夢をかなえるインターネットビジネス講座」

龍之 昇の「夢をかなえるインターネットビジネス講座」

インターネットを使ってあなたやあなたの会社の可能性を無限大に引き出すパートナー。情報があふれる現代、本当にあなたが身につけるべき知識を厳選してアドバイスさせていただきます。


社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。


私がコンサルをさせていただいている生徒さんには、

もちろん売上や収入をあげてもらうことを実践してもらったり、

その他にも、人生をより楽しんでいただくために
コミュニケーションや恋愛面の相談に乗る場合も結構あります^^


それは、人生を楽しめるかどうかは、
 

ぶっちゃけお金よりも人間関係のほうが、
要素としては大きいもんだったりしますからねー


たとえば、
ラインでせっかく、あたらしい女性(男性)と繋がったんですけど、
既読スルーになってばっかりなんです。。


とか、


何回か誘ってみてはみましたが、
だいたい断られてしまうんです、、、


とか、
最初のステップでうまくいかないという相談がやはり多いんですよね^^
(特に男性の場合が多いですね。。)


そこで、
内容を見せてもらうと、
だいたい、いきなりデートに誘ってしまっているんですよね。笑

いいお店があるから行ってみようとか、

その時点で、
(相手は)どう思うかというと、、、


美味しいかもしれないけど、
よくわからないし、この人のこと良く知らないから
行かなくていいな・・

と思ってしまっているんですよね。


これはもったいないですよね!


それで、
どうすればいいのかですが、


順をおって、
なぜ一緒にデートにいくべきなのかを
もう少し丁寧に相手につたえるようにするといいですね。


たとえば、
そのお店のシェフは、有名ホテル、たとえばニューオータニのシェフ
を何年くらいやっていて、そのあと独立してできたお店なんだよね^^


とか、
なぜそのお店に行くべきなのか、
の説明が必要ですよね^^


それをその時にするのではなくて、
まえの段階でこんなお店があるみたい。。

なんて前ふりを入れとくわけです。


そして、何度か会話をして
一週間くらいしたあとに、

こないだ言っていたあのお店、


急にキャンセルがでたみたいで、
予約とれたんだけどいってみない?


みたいなことになれば、
女性も今しかないと思い、
OKするわけですね。


まぁこれは一つの例ですが、
自分の誘いたい思いはちょっと押さえておいて


相手がそこに行きたくなるためのフェーズがあるので、

着実にそこに向かって必要な情報を渡していく、

それをじっくり相手のペースで育てるところが
大切ですよね。


今日は、コミュニケーションについてお話してみました。

参考になりましたでしょうか^^


今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( フランス - カンヌ )

龍之 昇さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります