戦略的ビジネスプロデューサー龍之 昇 のオフィシャルブログ

ビジネスでは戦術をいくら学んでも、ブログの読者の増やし方やフェイスブックの友達の増やし方を教えられても売上は上がらないものです。あなたのビジネスを 点ではなく線でとらえることで確実に売上を上げるシナリオを先に描きましょう!


テーマ:







   ← 龍之 昇はいま何位? 


 

こんにちは。龍之です。

今日は「弱者が強者に勝つ方法」についてお話できればと思います。


ビジネスをこれから始めようという方の場合は、

もう市場には、強い人ばっかりで、私なんかが入っても、
ぜんぜん無理な気がします・・・

とか、


せっかくご自分の好きで、情熱をもってとりくめる
ジャンルがあっても、
あの重鎮がもう牛耳っていて。。笑


なんていうことを話される方もいらっしゃるのですが、


それは、確かに長くやられている方がいて、
すごい偉い先生、権威がいて、
すごくマイナスに考えてしまう方も多いと思います。


でも、そのジャンルでライバルがいることは、
そのビジネスが成り立っているということなので、
それはそれでありがたいことなんですよね^^

そのジャンルでもうお手本にする人がいるからですよね。


新しいジャンルや、誰もいないところで、
ビジネスをしようとするより、リスクも少なく、
稼ぎやすいビジネスモデルになる可能性は十分ありますからね。


ですので、重鎮がいる業界でも、ぜんぜん物おじせずに、
あなたらしいアプローチ、コンセプトでビジネスをしていけば
いいわけですよね。


では、どうやってそういった市場で
差別化してやっていけばいいのですか、

ということになると思いますが、


弱者が強者に勝つには、
いくつか戦略があります。


でも、すべてここで話してしまうのは、
さすがにわたしのコンサル生たちに怒られてしまうので^^;

ちょっとだけお話しますと、


ひとつは、「商品力」で勝つという方法があります。


たとえば、
ダイエットなどのコーチなどをされている場合は、

競合となる、コーチをされているかた、
人気の方などの商品を調べてみたり、
実際うけにいったりすることで、

それを超える商品をつくれば十分ビジネスになるということですよね。


どんな部位にどれだけ時間をとって、
どんな方法を試しているのか、

ココの部位については、あっちのお店の施術のほうが
良かったなとか、
食事制限の方法はこちらのほうが楽だったとか、
いろいろといいとこどりをして、

より良い商品をつくることはできてしまうわけですね^^


そこに頭がいいとか、
センスとか、向き不向きということは一切関係ないですよね。


とても重要なことですが、
市場から学ぼうという気持ちさえあれば、
それは達成可能ということですよね。


ですので、
ビジネスでは言い訳しない人には、
あらゆるチャンスがあるというわけですね。

調べて学べば、商品はできてしまうわけですからね。


すぐに自分がマスターできなくても、
できる人をさがしてきて商品つくって提供してしまえば
提供できることの幅もひろがりますからね。


というわけで、
今日は弱者が強者に勝つための方法について
お話してみました。

参考になりましたでしょうか^^


今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

 

 

★ 応援クリック1日1回お願い致します。

 社長人気ブログランキング

 

1日1クリックで10ポイントが入って

ランキング順位に反映されます。

いいねボタンと違い、

Amebaブログを持っていない方でも、

どなたでもクリックできます。

 


★ 龍之 昇 Facebook はこちら。 
⇒ 龍之 昇フェイスブック (友達申請&フォロー大歓迎です!)


 

 

 

 

( フランス - グルドン )

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

龍之 昇さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります