龍之 昇の「夢をかなえるインターネットビジネス講座」

龍之 昇の「夢をかなえるインターネットビジネス講座」

インターネットを使ってあなたやあなたの会社の可能性を無限大に引き出すパートナー。情報があふれる現代、本当にあなたが身につけるべき知識を厳選してアドバイスさせていただきます。

NEW !
テーマ:

社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。

私がこれまでいろんなビジネスで成功していたり、

投資の世界で成功していたり、といろんな分野の

億万長者の方に実際にあってきましたが、


やっぱり共通することって、
あるんですよね^^


それは、タイトルにも書いていますが、

ある多いことがあるんですが、

それは、実は、、


「No」なんですよね。笑

え、
なんのこと、と思われた方も多いと思いますが、


ふつうのひとと、大きく違うのは、

Noと回答することが圧倒的に多いんですよね。


それはどういうことかというと、

自分がやるべきことを徹底的に、少なくして、
一つとか(あっても2つくらい)しかしない。


世の中の多くの人は、
沢山のしごとをすることがいいことだという価値観に
そまっていたりしますよね。

そこが大きな間違いなんですよね。笑


まぁこれは、その億万長者のひとたちの価値観を正しいと
した場合ですが、

お金を沢山稼ぐということにおいては、
こちらの価値観が正しいと考えて行動したほうが
収入は伸びますよね。


とにかく大切なこと、利益を生み出すことに集中するため、
自分のエネルギー、時間を作り出す。


そのことに専念するためには、
やはり他力をつかって時間を生み出すしかないんですよね。


というわけで、
どんどん他力をつかって、自分の時間を作りだし、
あなたが気が乗ることや、ピンときたこと、
最近思いついたアイデアを実現させることなど、


あなたがワクワクすることに日々の時間を
どんどん投資することをオススメします^^


自分でできることはすべてやるなんていう価値観は
支配者が奴隷をこき使うために、一方的に洗脳した価値観なわけで、
そんなものはあなたが幸せな人生を生きるのには無用ですね。


究極的には、あなたが幸せにいきることを
だれも邪魔することはできないわけです。


それでは、今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( フランス - アンティーブ )


テーマ:

社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。

週末に鎌倉までドライブして、めずらしく両親をさそって、
ランチしてきました^^


行先も鎌倉としか伝えず、
来週ちょっと鎌倉にランチにでも行ってみないと、
だけ誘っていったんですよね。笑


そうなんですよねー

今回はサプライズのような形で、
なぜ行くのかとか、そういった話は抜きで、

急に誘っていったんですよね^^


そうすると、

どうだったかというと、、、


いつもよくある父の日とか、母の日とか誕生日とかありますが、
そういったときに、家族が集まって、
やる会よりも、なぜかより楽しんでもらえたように
感じたんですよね^^


それって表情からとか、よく伝わってきますよね。笑


やはり、
サプライズというのは、ワクワク感があるからいいんですよね。


慣れ親しんだ仲でも、
たまにそういったイベントを作るといいですよね。


たとえば、これが本当の家族でなくても、
家族のようにおもっている、たとえば社長をしている方なら、
そのスタッフのメンバーに対して、たまにサプライズで、
旅行に連れてってあげるとか、
素敵なレストランに連れて行くとか、


そういったことって、
とても人と人との距離をちじめたり、


信頼関係もよりふかまったりするもんですよね。


こんなことする社長は素敵とか、思ってもらえるわけですね。笑


それがあまり計画的に、すべてを伝えてから連れて行くとか
となると、それなりにハードルがあがって、
期待以上に社員のメンバーに楽しんでもらえなかったりするもんですよね。


ある程度、慣れ親しんだ関係のなかでは、
サプライズでなにか催し物をやるというのは、
とても意味があることですね。


そして、
今回私が行ったレストランも、
フレンチでちょいカジュアル目のお店でしたが、

南フランスを思わせる、白とブルーの内装がとても素敵で、

ちょっと高台から眺める海の景色がとても素敵な
お店でした。

両親もとても気に入ってくれたみたいです^^

Bastidesというお店です。


もしよかったら、あなたもサプライズでどなたか
大切な人、仲間を誘って行ってみてくださいね!


それでは、今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( 日本 - 鎌倉 )


テーマ:

社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。

週末にあるビジネスセミナーに参加してきまして、

そのときに、ちょうど、ジャパネット高田社長の話になって、

私もそのセールスの極意についてはとても興味があったのですが、

なるほど、、
と腑に落ちることがありました^^


それは、なぜ彼が長崎の小さなカメラ屋さんからスタートして、
この30年くらいの間で1代で売上2000億円規模の会社に
なれたのか、

それがツボになっているんでは、、、

とほんとに感じたんですよね。


それは、
マーケティングがうまかったのか、

セールスがとてもうまかったのか、

と考えてしまうと、
なかなか捕まえるのが難しい気もしますね。。


それで、どのように分析していたかというと、

このマーケティングかセールスのどちらかでいったら、
セールスのほうではないかと、


そして、
彼は、とてもお客様へのベネフィットの伝え方が
他の人よりも秀でていたという話になったんですよね。


ご存知のかたも多いかもしれませんが、

ICレコーダーをメチャクチャ売った話があるんですよね。

それは、ビジネスマンとか、
ではなくて、主婦に売ったと。笑

スゴイですよね^^


この辺から、普通の人は想像できないベネフィットを
想像していたわけですよね。


それは答えを言ってしまうと、

子供が学校から帰ってきたときに、留守にしてしまう
こともあるでしょう。

そのときに、作っておいたカレーが冷蔵庫に入っているわよ、

とか、

デザートがどこどこにあるわよ、

といった子供とのコミュニケーションの助けになると、
オファーしたわけなんですよね^^


つまり家族の幸せというニーズを完全に先取りしていたのでは
ないかと思ったんですよね。


多くのメーカーなどは、
たとえば、エアコンが売りたかったら、
夏は暑くてきついので、あなたが快適に過ごせるように部屋に
新しいエアコンを入れましょうとオファーするわけなんですが、


これはあくまで、
自分自身であり、メーカーからみた目の前の人の幸せを祈って
そうセールスしているわけですが、
そんなニーズは他の会社に任せておけばいいということなんですよね。


このようなメリット、ベネフィットの打ち出し方では、
もう物は売れないとわかっていたわけですね。彼は。


だから、
だれもがやっていない、お客様の満たされないニーズに着目して、


お客様自身ではなく、お客様の家族を幸せにしたいと
思う気持ちにフォーカスしたわけですね。


それが見事に当たって、
これまで通販市場で成功してこれではと感じました。


というわけで、
今日は、ジャパネット高田社長のセールスの極意について
少しお話してみましたが、
いかがでしたでしょうか。

参考になりましたら、幸いです。


今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( フランス - マルセイユ )


テーマ:

社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。

今年も、7月に入ってから気温35度なんて日が
ここ日本(関東地方)ではつづいていますが、
みなさん体調は大丈夫でしょうか^^?


やっぱり夏は暑いほうが、夏らしくてテンションもあがるし、
いいという方もいれば、笑


身体を動かす仕事を本業でされている方の場合は、

もうこの暑さで、、、

なんて、ちょっとつらそうな顔をされて
商売の方も大変ですよーなんて、
声を聞くこともありますね^^


そして、夏と言えば、
タイトルにも書いた日焼けですが、


男は、真っ黒になって日焼けしていたほうがカッコいい
というのも、まぁたまに聞く話だとおもいます。


ただ、真っ黒になるとモテるのかというと、
少し健康的に見えるくらいで、そのほかの部分、
たとえば、コミュニケーションスキルであったり、
基本的な部分ができていないと、

それほど、効果的というわけではないわけですよね^^


たしかに、
日焼けにはいい面もあるのですが、


たとえば、脳内物質であるセロトニンが、

日光をあびることでたくさん分泌されて、
リラックス効果や、精神的に安定した良い状態を維持するのに
効果があるんですよね^^


ただ、
日光の浴びすぎには要注意なんですよね。


それは、紫外線の浴びすぎは、
みなさんもよくご存知だとおもいますが、
やはりがんのリスクが高まるからですよね。


ですので、
どのくらいが日光浴でいいのか少し調べたことがあるのですが、


朝の散歩の30分とか、私もたまにメルマガで書いたりしますが、


この30分くらいがちょうどいいという説が有力のようです。


これから、まさに夏本番ですが、
海に出かけたり、いろいろと日光にあたる機会も増えると思いますが、


あまり浴びすぎないように、注意したいですね^^


それでは、今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( フランス - ニース )


テーマ:


社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。

最近、車の乗り換えを検討していて、
中古車屋さんに持ってきてもらってクルマを見せてもらったり、
していたのですが、


すごくコレ勉強になるなーと思ったことがあったので
あなたにもシェアしたいと思います^^


それは、
USPの作り方なんですが、

ユニークセリングプロポジションの略で、

もう知っているかたは、復習ですよね^^

独自の売りとか、自社を選んでもらう理由という感じですね。


というわけなんですが、

そもそも、自動車販売の会社のコンサルはいままであまり請け負った
ことは無くて、あまり縁がない業界だったのですが、


意外なところで差別化ができるだなーと素朴に感じたんですよね。。


それは、ズバリ、、、

下取りの価格なんですよね。笑


下取り車の価格って、

みんな愛着があるから、
それは高く買い取ってくれたら嬉しいのですが、


今回はその前の車を売ってくれた販売店の社長も
ビックリな価格だったんですよね^^


これによって、
他にもその新しく買おうとしている車を販売している競合は
もちろん沢山あるのですが、

他と圧倒的に差別化できてしまうわけですよね。

情報を完全に遮断できるわけですね^^

ここが凄いところなんですよね。


まぁこれを実現するには、
私の前の車を欲しいと思っている顧客が必要ですが、
それも相まって、このような完全に他と遮断された
販売の優先権を手にしているわけですよね。


これは、やはり普段のお客様やリストの方たちとの
密なコミュニケーションがあるからこそ、
できるものだとも思います。


というわけで、
いつも顧客のニーズ、悩み、願望に敏感になっていることで、
競合がまったく作り出せないUSPを一瞬でつくれてしまうことも
できるわけですね。


今日は、クルマの乗り換えで感じた独自USPの作り方
について少しお話してみました。

参考になりましたでしょうか^^


今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( フランス - マルセイユ )


社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。


私がコンサルをさせていただいている生徒さんには、

もちろん売上や収入をあげてもらうことを実践してもらったり、

その他にも、人生をより楽しんでいただくために
コミュニケーションや恋愛面の相談に乗る場合も結構あります^^


それは、人生を楽しめるかどうかは、
 

ぶっちゃけお金よりも人間関係のほうが、
要素としては大きいもんだったりしますからねー


たとえば、
ラインでせっかく、あたらしい女性(男性)と繋がったんですけど、
既読スルーになってばっかりなんです。。


とか、


何回か誘ってみてはみましたが、
だいたい断られてしまうんです、、、


とか、
最初のステップでうまくいかないという相談がやはり多いんですよね^^
(特に男性の場合が多いですね。。)


そこで、
内容を見せてもらうと、
だいたい、いきなりデートに誘ってしまっているんですよね。笑

いいお店があるから行ってみようとか、

その時点で、
(相手は)どう思うかというと、、、


美味しいかもしれないけど、
よくわからないし、この人のこと良く知らないから
行かなくていいな・・

と思ってしまっているんですよね。


これはもったいないですよね!


それで、
どうすればいいのかですが、


順をおって、
なぜ一緒にデートにいくべきなのかを
もう少し丁寧に相手につたえるようにするといいですね。


たとえば、
そのお店のシェフは、有名ホテル、たとえばニューオータニのシェフ
を何年くらいやっていて、そのあと独立してできたお店なんだよね^^


とか、
なぜそのお店に行くべきなのか、
の説明が必要ですよね^^


それをその時にするのではなくて、
まえの段階でこんなお店があるみたい。。

なんて前ふりを入れとくわけです。


そして、何度か会話をして
一週間くらいしたあとに、

こないだ言っていたあのお店、


急にキャンセルがでたみたいで、
予約とれたんだけどいってみない?


みたいなことになれば、
女性も今しかないと思い、
OKするわけですね。


まぁこれは一つの例ですが、
自分の誘いたい思いはちょっと押さえておいて


相手がそこに行きたくなるためのフェーズがあるので、

着実にそこに向かって必要な情報を渡していく、

それをじっくり相手のペースで育てるところが
大切ですよね。


今日は、コミュニケーションについてお話してみました。

参考になりましたでしょうか^^


今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( フランス - カンヌ )


テーマ:

 

社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。

週末は、長野方面へクルマでひた走り、
中央道を飛ばしてとあるレストランというか泊まれるレストラン
"オーベルジュ"へ行ってきました^^

行く途中には、さまざまな綺麗なドライブルート、
ご存知のかたも多いと思いますが、
ビーナスラインという有名なスカイラインがあるんですよね。

長野には。

じつはそこを走りたくて、行ってきたんですよね^^

そして、中央道の諏訪南インターを降りて、
八ヶ岳エコーラインをとおり、ビーナスラインへと
つづく道を走ってきました。

このあたりの道を走っていると、手作りパンのお店や
アイスクリームやさんなんかがあって、

本当に長野の天然の素材を使った食べ物が
たべられて、田舎もたまにくるといいなぁなんて
感じますよね^^

都会では感じられない、自然ゆたかで、のどかな雰囲気で
たべる食の時間というのはなかなかいいものですよね。

そして、寄り道をちょっとしながらも、
雄大な緑豊かな自然のなかを走りながら、

鳥のさえずりなんかも窓をあけると聞こえてきて、
高原を堪能して、車山まできました。

そして今回お世話になるオーベルジュに到着しました。

さっさと、チェックインを済ませて、
18時30分の食事の時間が待ち遠しかったですが、笑

やっとその時間が来たんですよね。

まず前菜ですが、
フォアグラのコンフィ、
甘いトウモロコシのポタージュ、
自家製生ハムと、長野の生野菜の盛り付けたやつ(笑)


実は、この生ハムと生野菜の一品がとても個人的には
美味しかったです^^

ほかにも、子牛のグリルとか肉料理もでたのですが
やはりこの辺は東京でも食べられますからね。。


やっぱり一番感動したのは、
長野の取れたて野菜の新鮮なシャキシャキ感と、
飾りのない本当の野菜の味に感激でした。


ただそのままだと苦さもあるので、生ハムの塩分と、
そのハムの肉のうまみが絶妙にマッチして、
白ワインを進ませます^^


基本的に、海を週末見に行ったりが好きですが、

山の新鮮な野菜を食べるのもいいなと感じた次第です。


やっぱり遊びはビジネスと違って、
理屈ではなくて、やってみたいなとか、
行ってみたいなと思ったら行ってみるのがいいですね。


実は、最初一緒にいった相方は、
そんな山奥なんて行きたくない!といっていたのですが、笑

ちょっとずつ一ヶ月くらいかけてレストランの魅力などを
伝えて、だんだんと興味をもってくれたみたいです。

料理もとても美味しかったと言ってました^^


というわけで、
今日は、このあたりで。

今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( 日本 - 長野 )


テーマ:


 

社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。

最近でたセミナーで、ワイン会など定例でやっていても
毎回300名とか動員している凄腕のイベンターのひとに
その極意を聞く機会がありました^^

これは興味ある方多いんではないですかね。笑


それで、
多くの人は、その募集ページが美しいからよかったのではとか、

イケメンや美女をゲストに呼んだから、
ひとが集まったのではないか?

とか、
色々予測されるかと思うのですが、


核心てきなところは実は、そこにはないんですよね^^

まぁ確かに芸能人を呼んだりしたらそれは話は別ですが、


毎回毎回そんなお金かけて呼べませんからね!笑


ですので、
そんなお金をかけずとも数百人規模のパーティーをしている
方なのでそれは興味があったんですが、


それは、結論から言ってしまうと、
準備段階にあったんですね。


たとえば、SNSで一斉に声をかけて、
人を集めようとしても、
なかなかこの規模まで集まらないと
悩む人も多いわけなんですが、


それはなぜかというと、
みんな怪しいと思うから参加したくても参加
できないんですよね。。笑


そこで、本当に核心の話となりますが、
その人がしているのは、

実は、参加してほしいひとに、
SNSでプラスのコメントを絶えずしているんだそうです。


たとえば、応援コメントをしてあげるとか、

小さいプラスのオファーをつづけるんですよね。


そうすると、
相手も、まぁこのひとの誘いならたまには行ってもいいかな~
なんて思うようになるんですよね^^


人間関係を徐々につめていく感じ。


これがいまSNSを使うことで、
とても効率的にできるわけですね。

大昔は、手紙とか、贈り物などだったわけですが、


いまはSNSでのコメント付けがとても
有効というわけですね。


というわけで、
イベント物ビジネスもやはり準備が8割ということで、

水面下での活動は見えにくいですが、

底知れぬパワーをもっているものなので、

私たちも、学んで活かしていきたいですね^^


それでは、今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( フランス - グルドン )


テーマ:

社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。

ネットの場でも、リアルの場でもそうですが、
自分の話ばかりする人はなかなか収入が増えずらかったりしますね^^

たとえば、
ブログを書いていてもそれただの日記でしょ!笑


と思われてしまっているひとは、
なかなか収入も伸びていかないわけですね^^


読み手はこのひとの話ほんとつまんないな。。

なんて思っているのですが、

当の本人は、書きたいことかいて何が悪い!くらいに思っているわけですよね^^


リアルの場でも、
この人と飲んでても自分の話ばかりでつまらないなーというケースよくありますね^^


でも収入を増やしたり、ビジネスで大きな成功を得ているひとというのはそのあたりで抽象度という概念で大きく差があるわけなんですよね。


え、ちょっとわかりずらいんですけど、、、と
言われてしまいそうなので、笑

ちょっと補足しますと、


自分というのを冷静に見てみると、

たとえばですが、

「自分」→「~町(の住人)」→「県・都とか」→「日本」→「アジア」→「地球」

というように抽象度をあげてみるということですね。


右に行くほど抽象度が高くなっていきますね。

お金を多く稼ぐ人はより右のほうの概念を持っているということですね。

まだわかりずらいと思いますので、つづけますね。


つまり、どの程度の幸せを考えて日々行動しているかということなんですよね。


みんな生きている間に、幸せに生きようとして、
一生懸命生きているわけですよね。


その概念的な部分が小さい人は、
自分の幸せだけを求めようとするので、
お金の使い方が小さいわけですよね。


だから、そういうひとのところには、
なかなかお金を払おうとする人は少ないわけですよね^^


そうすると必然的に、収入は低くなってしまう。

でも、町の人のみんなの幸せを考えられる人、
そして、さらに県の人びとの幸せを考えられる人、
はたまた、日本人すべての人を幸せにしようと考えている人
という感じで、


自分も幸せになりながら、周りの多くの人も幸せにしようと考えるからこそ、

この人に私のお金を渡したら、よりよい未来が待っているのでは、
と思うからこそ、人もお金もその人に集まっていくんですよね。


というわけで、
今日は、抽象度と収入の関係についてお話してみました。


今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( モナコ - モンテカルロ )


テーマ:

社長ランキングで、龍之 昇はいま何位? 

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

こんにちは。龍之です。

日本人は、まじめな人が多いと言われますが、

悲観的になりすぎて、
人生自体がつまらなくなっては、
これはもったいないですよね^^

かといって、
楽観的すぎて、遊びすぎてしまい、笑

いつもお金がない状態、
おもったような大きな遊びや

自分らしい人生、本当に満足する人生に
いまいちなっていかない
というケースもあるかもしれません^^;


では、
どっちが得なのか?

ということになりますが、

時と場合によるというのが正しいのではと
私は思っています。


つまり、
悲観的になる時と、楽観的になるのがいいとき
とがあるということですが、


時として、
人生で、問題や課題に直面するときがありますよね^^


たとえば、
もっと収入が増えたら、
自分の生活はより楽しくなるし、
家族ともより楽しい時間を過ごせるし、

周りの仲間とも沢山旅行ができたり、
思い出になるような時間がたくさんもてるだろう。。


なんてことを考えると、
売上をもっと上げようということになって、
課題解決をすることになりますが、

そのときに、
いまの現状を把握するときなどは、
悲観的になったほうがいいわけですね。


たとえば、
デパ地下の食材屋さんとかだとしても、
無料でくばるウインナーは10本くばったら、
本商品は5.5人のひとが買ってくれることが
データでわかったら、

悲観的に見て5人とカウントするほうがいいですね。

現状分析は、悲観的にやるのがポイントです。

そうしないと、あとでがっかりしてしまうことになるからですよね^^


そして、
たとえば、かってくれたその5人のお客様へ
アンケートをして、特製ウインナーをもう一つあげるので
書いてくれませんかと住所をいただいて、

その住所へDMでお歳暮セットの案内を送ると
これくらいの売り上げがだせるとか、
つぎの戦略を考えるわけですね。

もちろん、
こちらもテストにもとづいてですよね^^


という感じで、
戦略を立てて、このくらいの広告費をつかえば、
トータルの売上でこのくらいの金額をだせる
とデータでわかったら、

その戦略にもとづいて、
アクセル全開で行動するのがいいですよね。

つまり、
このときは、楽観的に行動したほうがいいわけですね。

こんなことが起こったら嫌だな、困るなーなんて行動してたら
お客様に伝わって、なんとなく自信のない会社だわ、、、
なんて思われてしまうのは嫌ですよね^^


ですので、
自信をもって堂々と楽観的に行動に移すことが
大切なわけなんですよね^^


というわけで、

今日は、
現状分析は悲観的にして、
きっちり戦略を立てて、
楽観的に実行に移す。

というお話をしてみました。

参考になりましたでしょうか^^

それでは、今日も、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



龍之 昇

【15日間の動画解説入りセミナーを無料プレゼント中】

"偏差値35"からでも、余裕で"月収100万円以上"を得てあらゆる夢をかなえられる

 

5000人が購読中  龍之昇の無料メールマガジンはこちら

 

 

 

 

( モナコ - モンテカルロ )