満月鏡(まんげつカガミ)を究める

「人間」とは何ぞや?
~さよさよの真我の実践~


テーマ:

今回のセミナーでは、

「遺影から観た参列者への愛と感謝の言魂」ワークで学長から直接真我を引き出して頂けた。


私は、「愛と感謝」と聞くだけで、


価値観の「愛と感謝」がすぐ頭に出てきてしまう。


今まで何度も学長講座を受講していても、

「感謝の言葉を言い切ってから・・・」と言われると、価値観でブロックがかかる。


けれど、


答えから始める

言い切ってやってみる


これを真我開発講座でもやっているから、そこでやるのだなと思ってやってみるのだけれど、

価値観ブロックは簡単に外れない。


この言葉は愛じゃない

この言葉は感謝じゃない

この感情は愛じゃない

この感情は感謝じゃない


と、湧き出てくるものに対してジャッジして、「愛と感謝」と思われることを、敢えて言い切った方がいいのかと思ってやって来ていた。

全て、頭で選別したものを書いたり、言ったりしてきた。


けれど、今回は、学長が一言言って下さった。

「出てきたもの全て満月前提で書いていく」


私はこの言葉に救われた。


どんなものが出てきてもOK!だと、自分にGOサインを出せた。


ゴミと思われるものがたくさん出てきた。

私の頭の中では、全くもって「愛と感謝」ではないものばかりが出てきた。

けれど、出てきたものは全て満月前提で出してみた。

頭でジャッジしないで、出してみた。

何だかよく分からない感情やら思いやらが出てきた。

言葉にもならない憤りや悔しさも出てきた。



どんだけ、業カルマに自分は騙されていたのか・・・悔しくなった

業カルマのトリック・・・というのか?

頭の価値観のトリック・・・というのか?



出てくる感情、思い、憤り、悔しさ、やるせなさ、息苦しさ、辛さ、生きづらさ・・・

全部、これでいいんだ。出てきていいんだ。出していいんだ。

と思って出してみた。


底知れぬ嬉しさと、開放感と、先祖の苦しさと、悔しさと・・・

たくさん入り混じった、

愛と感謝がたくさん溢れ出て来た。

 

絶対的な揺るぎようのない空気に包まれた。


太陽があり

雲があり

雨があり

それが川となり

海となり

そしてまた水蒸気となり

雲になる


全てが太陽だった。
全てが必要だった。

全てが心に潤いを与えてくれていた。



そして、また、気づくと・・・

心の中には学長が全くいない・・・。


それに気づいた私は、また違う、底知れぬ思いの涙が溢れ出てきた。




 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

毎日毎日、「満月という大前提」で生きようとしていると、

いろいろなことが整理整頓されている様で、

学長の話が、よく聞こえてくる様になっていた。


日常で感じていること

日常でみえる世界


それを、たくさんの方向から説明してくれているのがよく分かる。

そして、自分の勘違いや、方向の修正が出来てくる。

そこを見ていくのねビックリマーク

と気づかされることも多々ある。


そして、自分のやっていることが、どういうことなのか?

ということも分かってくる。



「月」の説明

「太陽」の説明

1+1=2 2を先に見たら問題がなくなること

頭で答えを知っていると辛くなること

自然の法則の通り、雲は何か?雨は何か?を知る大切さ

川の流れの様に、上流から過去、今、未来へと流れていく。それは先祖、自分、子供の流れと同じ。

「宇宙の絶対法則」と「私たちの心」と「物質」で説明できること

壁とレンズの話

同性愛を認める風潮があるけどそこじゃないこと

ガンができる流れ、消える流れ

価値観でみたら交わらないが、命からみたら一つになること

統合失調症の人が見ている三日月がギザギザで説明できること

父と母のバランスで生き方のバランスが整うこと

夫婦は向き合うんじゃなくて、2人で一つ。

三日月で向き合うとお互いに願いを持つ様になること

正しいと思っている方が難しいこと

離別、死別は関係ないこと

社会のしくみ

引き寄せの法則

地獄の様な出来事をハッピーエンドに変えてしまうことをやっている・・・という表現方法

満月の叱り方

問題が吉報

能動的にやる大切さ

少しでもわだかまりのある人と和解した方が早く力が出ること



受講日の前日・・・

施術中にお客様が悩みを話してくれた。

子供の頃から人付き合いが苦手で失敗ばかりで、今も人とどう付き合っていいのか分からない。

変な人に見られ、友達も一人もいない。孤独感がすごく、生きていても楽しくない。死んだ方がいい・・・などなど


でも・・・私は、その方の命の輝きをとても感じた。

とても繊細で素直で正直で、感度が鋭いこと、相手を思いやる深い愛があることを感じた。

美点発見してあげることと、カウンセリングと講座の案内しかできなかった。


「地獄の様な出来事をハッピーエンドに変えることができる」


と言ってあげられたらよかったと思った。


過去も未来も自分でどうにでもできる。

明るい未来を伝えることで、心に光を灯せられたかも。

もっとボキャブラを増やさないと。




 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日11:00~17:00 学長1DAYセミナーに参加してきました。


やはり1DAYは、とてもいい!!

しかも、17時まで音譜


集中力が持つWハート


そして、家に帰ってから、両親とご飯が食べられる時間に帰れる太陽



久しぶりの学長講座。

毎日毎日「満月という大前提」で生きようとしている私。

けれど、

本当にこれでいいのか?と不安になってくる。


私は・・・

自分の足でしっかりやれるようになる!!

と決めている。


あんなに汗ビッショリになりながら、何度も何度も同じ質問にも答えてくれる学長。

私は、何もできないから、

せめて、


自分の足でしっかりやれるようになる!!


と、決めている。


だから、不安になってくる。

日常でやっているやり方が・・・学長の言っていることと合っているのか?

不安になる毎日なのだ。


それもあって、このブログも書いている。


学長に日々の報告をしながら、生き方を見てもらっている。


だから、

久しぶりに学長にお会いして「ブログ読んでるよ^^」って言っていただけるだけで、

何だか、ホッとするというか、

安心して生きていられる。


いつも、ピーンと張った様な心が自分の中にある。

自分の足でしっかりやれるようにしたいと思っているから、

いつも、ピーンと心が張っている。



だから、学長にお会いすると、そんな私の状態を、

全て知って頂いている感じがして、

ホッとすると同時に・・・涙が出てくる。



つづく・・・




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土日の学長講座では、


「量子的飛躍のワークシート」をやりました。

意識がドンドン上に上に上がると、

最初に書いたことが、全く違うものに変化していく。


とても不思議だった。



最後の最後は・・・


最初に書いたことを、何度読んでも、

何も出てこない。


手が動かない。


仕方なく「無」と書いた。



とても不思議な感覚の世界だったシャボン玉



これが、家に帰ってもできるんだ。


けど、この意識のままでいることが難しい。

けど、自分でやれる。

一人でもやれる。


これが、すごい!!



今日は一日、パカーっと開いてしまった心から、

たくさん貯めこんでいたものが出てきた日だった。

もっともっと出していこ~っとWハート



仕事から帰宅すると、

何だか、母親の話す「言葉」が変化していた。

今まで聞いたこともない「言葉」が溢れていた桜


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「お試し現象」



自分が試されている。

この言葉どおり、自分がどう相手を見るのか?


満月という大前提で接することができるのか、試されているのだと思っていた。


だから、お試し現象があると、

自分に矢印が向いていた。



「自分が試されているのではない。

私(相手のこと)の真我を見させてくれよ!という叫び」

だと、学長が言われた。


私は、全く違う方向を見ていたのだと気づかされた。



相手の叫びを、全く聞いていなかった。

相手の叫びを、受け止めていなかった。

相手の叫びではなく、自分の状態ばかりに目がいっていた。



ずっと、何をやって来ていたんだろう?と思った。


全く方向性が違っていた・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

悩んでいる人を見て、真我を知ってもらいたいと思う心。

苦しんでいる人を見て、真我を知らせたくなってしまう私の心。


相手に、〇〇になってほしいと思ってしまう心。


相手のことを思っての・・・こころ。



自分の中から湧き出てくる、やさしいと思われる心。

一見、反対できない心の領域。



満月という大前提・・・が、全くもって出来ていない。


何か心の整理整頓が出来ていない。



相手に、〇〇になってほしいと願う心。

自分がそのことで苦労したから、そうならない様にアドバイスしてしまう心。


「自分の思い通りにしたい。かぶせになる。」

そう学長に言ってもらい目が覚めた思いだった。


「自分のやるべきことをやるだけ」

そう学長は言われた。


その言葉で、自分のやるべき焦点がハッキリした。


ただただ、目の前の人に誠心誠意。

満月という大前提で接するだけ。


どこまで透明になれるか。


それが、世界へと、宇宙へと繋がっているのだとハッキリ分かった。


自分がやるべきことは、

ただただ、真我で生き抜くことだけでした。



学長が「人数は関係ない」と言われた意味を少しだけ理解できた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワークでの題材。

私の問題、課題は「戦争に対する、私個人の無気力さ。何をやっても意味がない。ゆでガエルか・・・?」



未だに戦争がある。

けれど、日々穏やかに平和に生きている私がいる。


「ゆでガエル」になりそうだと感じた。

気持ちよくって入ってたら、気づかぬうちに・・・になりそうだなと。



何でこんなに人間はバカなんだろう。


また、たくさんのゴミが出た。

最近、酷い事件が多くなっている。

そして、未だに戦争がある。


どうしてこんなに人が殺されるんだろう。



何度も何度もワークして

何度も何度もワークして


夫婦喧嘩するのは大好きだから。

戦争するのは仲がいいから。


そんな風景を垣間見た。



地球上でゴミ出しが始まっている。


そんな風景も垣間見た。


最後は、プーチンさんとトランプさんと安倍さんの笑顔があった。


何だ、みんなすごく仲がいいのね。

愛が溢れていた。



日常で美点発見したり、満月という大前提で生きること。

それがとても無意味に思えていた。

結局、戦争はなくならないのかと。

何で他国と仲良くできないのかと。


何をやっているのか?

自分は何ができるのか?

何もできない虚しさ。


真我で解決できるなら、学長がやってくれよ。

どうにかしてくれよ。

そう叫ぶ自分がいた。


それが、私の問題、課題。



ワークを終え、

また、違った視点で世界を感じられる自分がいる。


宗教を超え、

人種を超え、

先祖は一つ。


私の中に、「差別」があった。


外国は、よく分からないから怖かった。


みんな同じなんだと感じた。

みんな仲間。みんな友達。

そう感じられた。


みんな同じだった。

愛が溢れていた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土日、学長のセミナーに参加して来ました。


ダメだ。好転反応が酷く、頭がまだ痛い。



学長は、ずっと封印していたことがあった。

けれど、1年ほど前から封印を解いた。


確かに。1年ほど前から何度か聞いてきた。

けれど、今回は、とてもハッキリと言われていた。



私は、それがハッキリと聞けて本当によかった。


これは、数年前に「神宣言」をした時にも感じた。


私は、昔からずっと、学長との会話、講話から、

違和感を感じていた。


何か隠していることがある。

何か言わないことがある。

何かごまかしていることがある。


それを感じていた私は、学長に「壁」を作った。


何を隠しているのか・・・こちらは分からないので、斜に構えてきた。


だってー。怖いもん。



だいぶ前・・・

釈迦やキリストの気持ちが分かる人はいない。

会社の社長も孤独だ。

トップになればなるほど、孤独で、誰にも分かってもらえないことがある。


そんなことを学長が言われていたことがあった。


数年前、「神宣言」をされ、

そして、最近封印を解いた学長。


学長の思いは、私には計り知れないけれど、

私は、少しでも分かりたい。


全国に約400人の支部長が立ちあがった。

きっと、みんなも同じ思いだと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2日目。

満月瞑想をしている最中に、突然男性が前に来て、

ホワイトボードに書かれた満月瞑想図を消して、何かを書き始めた。


私は、動揺した。


けれど、学長は、全く動じていないのが、見てわかる。


ん?どうした?


という感じなのだ。


私は、このチャンスをしっかり見ておこうと、

学長の一挙手一投足、投げかけている言葉、表情・・・

目を皿のようにして、見入ってしまった。


学長は、この男性の勇気に対してありがとうと言っていた。



一度は席に戻った男性は、またしばらくして前に来て、ホワイトボードに書き始めた。


書き終わった彼の耳元で、何かをささやく学長。

そして、満面の笑みで肩を抱き、「せっかくだから、写真を撮ってもらおう」

と言って記念写真を撮った。



私は、以前学長に質問したことがある。

「学長は統合失調症の人を見ても怖くないというけれど、私は怖い気持ちが出たりとかしてしまい、この自分と自分がどう付き合ったらいいのか分からない」と。


そして、学長は言われた。

「怖い自分と付き合わないことです。付き合うから怖いんです。

怖い自分と付き合うと、相手が怖くなる。」


そして

「満月を見る。そういう変な人はいないと。原点は満月だと。みんな神だということです。

みんな神として一つであり、そして神は完璧であり、神には精神病も何もない。心じゃないから。愛そのものだから。そこだけを相手にしてあげたらいい。・・・・・」


頭では理解できる。

けれど、実際にその場でどこまでブレずにできるのか?



日々、一人ひとりと、しっかり向き合っていこうと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回のセミナーは、発信者のためのセミナー。



ワーク前、ペアの人を見ると、少なからず心が動揺する私。


やさしそう

怖そう

かわいい

どんな人だろう


いろいろと心が動く



「満月の法則」をお互いに説明し合う練習。

お互いに、たった3分間、「満月の法則」を相手に説明する。



それだけなのに・・・

ワーク後、相手を見ると、ワーク前とは違う自分の心がある。


心の動揺が全くない。



今回、また「叱るワーク」があった。

今まで結構「叱るワーク」はやりやすかった。


けれど、今回は、とてもやりにくかった。


「満月という大前提」にして「叱る」


何を

どう叱るのか

どの言葉が適切なのか

自分は何を一番相手に伝えたいのか


心のど真ん中をただただ見つめて・・・言葉を探した。




相手の方が叱ってくれた時、

ただただ、「もったいないですよ」「もったいないですよ」

その言葉を繰り返して、叱ってくれた。

とても不器用だったけど、最初から最後まで・・・その言葉を繰り返した。

それだけだったけど、ぼうだの涙が溢れ出てきた。



相手の方が、自分や人を裁くことに悩まれていた。

私は、どう叱っていいのか分からなくなってしまった。

「裁くことはいけない」という価値観が邪魔をするのだ。


相手を変えない。

相手の奥を見る。


何も自分の中から言葉が出てこない。

自分で自分を追いつめた。

そして、出てきた言葉が・・・


「もっと本気で裁いて下さい。中途半端だからダメなんですよ。

もっと相手をぶった切るくらい、裁いて下さいよ。あなたの愛は本当に大きいです。すごいエネルギーです。本気で裁いて下さい。あなたの愛は石をも割れる。」


言いながら、涙が出て仕方なかった。



裁く心の奥に、大きな愛を感じた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。