第二次安倍政権が誕生して早5年の月日が経ちました。「経済最優先」「デフレ脱却」を掲げた経済政策ですが、5年経った現在も「デフレ脱却」を目標に掲げているようです。リフレ派が「タイムラグ!!タイムラグ!!」と連呼していたのももう5年前の話のようですね・・・(遠い目)

 

『国家戦略特区Blog』のみぬささんが、先日からしきりに「これ以上安倍ばかりにレクチャーしていても無駄だ!!その労力を使って他の政治家にも広くアプローチしろ!!」と書き立てていますが、コレって多分本音は三橋さんばかりに言ってるワケではありませんよね?笑

 

 

『インプットする相手が違う』

経済評論家の三橋貴明さんは自民党の政治家にインプットするのが好きですが、石破茂さんにはインプットした形跡がありません。恐らく伊藤元重の友達の石破さんには聞く耳を持たないと考えているのでしょうが、竹中平蔵を寵愛する安倍総理も同じく積極財政派の云う事など聞くハズが無く、一切無視ししています。

 

『ダメな政治家は辞めさせるのが一番良い』

仮にですが三橋さんが安倍総理に早々に見切りを付けて、リニアコライダーを誘致しない安倍晋三は退陣しろ!と毎日ブログで訴えていたら、ストレスも堪らず夫婦円満でDVで逮捕される事も無かったでしょうし、アベ批判の自民党員という事で石破茂さんも話を聞きに来たかも知れません。ダメな政治家はクビですよ!

 

 まあ、もはや私はあまり遠回りに批判する必要もないので直球勝負でモノを言うことにしますが、今の状況で藤井聡さんが参与として安倍政権を支持し続けるのはハッキリ言ってデメリットが大きすぎるように思います。

 

 まず、基本的な前提として藤井聡さんの目的は特性の政治家や政党を支持することではなく、国土強靭化やデフレ脱却という具体的な政策の実現のハズです。そのために、有効であるなら参与となってでも安倍政権を支持する。それはそれで構いません。しかし問題は、仮にこの後オリンピックまでの2年間安倍政権が続くとしても、その間に安倍が竹中や財務省の緊縮派の意見を切り捨てて、政策を根本から転換させることはあり得ないこと。それからもう一つは、自他ともに「不正直」「不公正」と認める安倍政権を最後まで支持し続けるなら、藤井聡さん自身の信用問題に関わりかねないということになります。

 

 つまり、具体的な政策実現のために安倍政権を支持する、と考えていても、そのような論理が通用するのはせいぜい安倍政権が続いている間のことであって、さらにもう現実的に安倍政権のうちに政府の経済政策を根本から転換させるのは根本的に不可能な状況になってしまっている。つまり、安倍政権を支持し続ける選択は完全にデッドロックに陥る道であり、目的を達成できる可能性はほぼゼロ、一方で安倍政権を最後まで支持し続けることによる信用の失墜のデメリットはほぼ確実で、安倍政権が続いている間は権力の側についていることによる多少のメリットを享受し得ても、中長期で考えれば明らかにリスクやデメリットが大きい。

 

 で、まあ一昨日時点でみぬささんのブログ記事を読みながら、こんなことを書こうと考えていた状況でTwitterでこんなツイートを見かけてしまいました・・・

 

 

安倍晋三様持ち上げ本の執筆陣の一人に入れられてしまってますやん・・・(-_-;)

 

 コレ良いんですかね?世間一般的な評価として、上念とか有本とか、小川栄太郎と同じ枠で括られてるってことですよ?

 

 すでに麻生は、総裁選で敵対陣営に与した党員は冷遇すると宣言していますが、ここまであからさまに宣言しないまでも、すでに安倍政権によって冷遇されたり抑圧された人々は、腹の中で安倍政権が終了したら安倍政権を応援して利益を得ていた連中に一定の報復を課すことを当然考えているでしょう。

 

 現在、多少なりとも良識を持った識者や政治家であれば、安倍政権が戦後最悪の政権であるという認識を当たり前に認識しているワケであって、現在の一時点を見れば安倍政権にべったり貼り付いて応援することがプラグマティズムに適うと考えているのかもしれませんが、中長期、特に安倍政権が終了した時点のことを考えれば、質の低い御用コメンテーターどもと一緒に安倍政権を応援することは経歴上の汚点でしかなくその信用失墜の効果がどれほどであるかについてどれだけ真剣に考えているのか私には甚だ疑問に思えます・・・( ̄▽ ̄;)

 

 

↓先日の放送のアーカイブ動画です・・・

 

 

↓「安倍政権退陣!!この道しかない!!」と思っていただける方は、ポチっとよろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★



↓新しい動画投稿しました!!