恐竜のモニュメント通り『元禄線』 | 福井県勝山市を有名にするのだin保管庫

福井県勝山市を有名にするのだin保管庫

古い記事の取り扱いにはご注意ください。

お盆明け。
ひさしぶりのお休みでした。
立ちっぱなしのせいか、腰の関節?(筋肉じゃなく)が痛い。
体を休めることにしました。

今日はじっくりブログに取り組める。得意げ ニッ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆

勝山駅を出て、勝山橋が通っている大きな通りを
通称『元禄線(げんろくせん)』といいます。

(元禄商店街がある『元禄通り』と区別してくださいね)


元禄線に恐竜のモニュメントが9体あります。
勝山駅側から紹介していきま~す。

①焼きまんじゅうやたこせんの「まえだ」の道を挟んで向かい側。
福井県勝山市を有名にするのだ。-カツヤマリュウ(アロサウルス科)
カツヤマリュウ(アロサウルス科)

カツヤマリュウというのは和名です。
勝山から発見されている化石には和名がついています。

②元禄線と本町通りの交差しているところ。やまば食品ストアーの横。
福井県勝山市を有名にするのだ。-トリケラトプス
トリケラトプス。(和名なし)

クリーニング屋の入り口前なので、店員さんと目が合ってしまった。あせる
クモの巣がかかっていたので、一応軽く取っときました。

③元禄線と本町通りの交差しているところ。松村誠一茶店横。
福井県勝山市を有名にするのだ。-ステゴサウルス
ステゴサウルス
。(和名なし)

背中の突起の形が五角形なのが特徴。
ブロンズかと思ったら木のような質感と軽い感じの素材でした。

④福邦銀行前。
福井県勝山市を有名にするのだ。-ティラノサウルス
ティラノサウルス(和名なし)

この腕の小ささは、タルボサウルスかティラノサウルスですな。
表面の削った感じが、ちょうどウロコ状の皮膚みたいに見えます。

⑤美容室MAJOの前。
福井県勝山市を有名にするのだ。-アンキロサウルス
アンキロサウルス(和名なし)

頬の突起が気になる~。

⑥とちき整体院の前。
福井県勝山市を有名にするのだ。-スギヤマリュウ(ブラキオサウルス科)
スギヤマリュウ(ブラキオサウルス科)

足の指が長いと思う・・・。

⑦イエス油市の横。
福井県勝山市を有名にするのだ。-キタダニリュウ(ドロマエオサウルス科)
キタダニリュウ(ドロマエオサウルス科)

これだけ、獲物の草食恐竜を持っています。
小型の肉食恐竜なんだけど、ティラノを見たあとなので
大きさが分からなくなってきます。

⑧福井銀行の駐車場の前。
福井県勝山市を有名にするのだ。-フクイリュウ(イグアノドン科
フクイリュウ(イグアノドン科)

のちに、フクイサウルスという学名をゲットした恐竜。
設置の記事は、名前がつく前なのかな?

次。
これだけ、製作が違うみたいなので、別にしました。

⑨勝山郵便局の前のポストの上。
福井県勝山市を有名にするのだ。-郵便局のフクイリュウ
ポストの上のフクイリュウ。(と書いてあります)。ブロンズ製。
実はフクイリュウは2体あるんですよねー。

何気に同じイグアノドン科のフクイリュウなんだけど
福井銀行前のとこ郵便局前のは、大きな違いがあります。

さて、何でしょう???得意げ

福井県勝山市を有名にするのだ。-郵便局のフクイリュウ

福井銀行前のフクイリュウは4足歩行。
郵便局前のフクイリュウは2足歩行。(または補助的4足)。

なかなかおもしろい現象なんです。得意げ
というのは、イグアノドンは恐竜博物館に2体ありまして。

ひとつは、イグアノドン・ベルニサルテンシス
もうひとつは、イグアノドン・アセルフィルデンシス

前者は、体に対して腕ががっちりしていて4足歩行だと言われています。
後者は、腕の大きさから常時4足歩行は考えにくい。

つまり、同じイグアノドン科なんだけど
どちらをモデルに模型を作ったか?
分かるような違いなんですね。(笑)
ちなみに、フクイサウルスという学名がついたほうは2足歩行です。


勝山駅からゆめおーれ勝山まで歩いて約15分。ダッシュ
よかったら、歩いて見てみてくださいね。

(最後まで読んでくださってありがとうございました)