ラッキーとアンラッキー

テーマ:
ラッキーとアンラッキーの確率は50%50%。 

いい事があるかもしれないし、わるい事があるかもしれない。
財布を落とすことも、財布を拾うことも同じ確率で起こります。
告白する人がいれば、告白される人が必ずいるのと同じ。

ラッキーかアンラッキーは捉え方次第なのです。

ダイエット中にケーキをもらいました。
さて、ラッキー?アンラッキー?

タンスの角に足の小指をぶつけたら、タンスから忘れていたヘソクリが出てきた。
さて、ラッキー?アンラッキー?

近所のコンビニにフラッとノーメイクで行ったら、初恋の人に会った。
さて、ラッキー?アンラッキー?

いかがかな?

ラッキーかアンラッキーかは、その人の価値観や捉え方によって決まる。
全部ラッキーの人もいれば、全部アンラッキーの人もいる。
何でも捉え方を変えてラッキーだと考えられれば人生ラッキーだらけで、そういう人には良い縁がついてきます。

いろいろな見方をしてみて下さい。