次元

テーマ:
点、線は1次元、面は2次元、立体が3次元。これは図形で表現した考え方。
数字では1次元(1)2次元(1,1)3次元(1,1,1)要素の数。

点で考える人がほとんど。線で考えられる人は少ない、面は稀、立体に至ってはほぼいない。
要素を足していくには、沢山の情報と処理能力、何より習慣付けが必要。

次元を超えた考え方をすれば、見えてくるものが変わる。やり方は…あみ出してみてくださいw

簡単な方法はありますが、自分で作り出す努力も能力を伸ばすコツです。