茶碗を造る

テーマ:

作品造り、最初に抹茶碗をつくります。

焼上がりは、このような色合いになります。此の茶碗の造形は左右非対称の造形で、安土桃山時代の茶陶、織部様式に共通の造形理論にもとずいて造っています。轆轤で単純に水引きしたものではありません。その特徴は構成する面にあります、此の面は通常轆轤を引いて得られる、点と線の集合体としての面ではありません。

先ず、轆轤に亀板を据付け、そこに茶碗の底を受ける土台を造ります。

茶碗下半分の土をとります。

薄くのばして(立ち上がり部分をのぞいて削る必要のないくらいに)

土台にのせます。

縁を持ち上げ形を作ってゆきます。

横から見たところ。

水を使わず、薄く上にのばしてゆきます。

所定の薄さまでのばしたら、

水を使い形を整えてゆきます、このとき轆轤は三分の一回転ずつ動かし茶碗の回転軸をトライアングルにします。

此の上に口辺の土を乗せるので、沈まない程度に乾かします。

土を乗せる部分を水平に切ります。

乗せる土。

土をのせます。

土をのせ口辺まで延ばしてゆきます。

だいたい形ができてきました。

形を作る前に、口造りをします。

なめし皮で口を作ります。

水を使って形を作りますが、先ほどのようにトライアングルに造形します。

形を整えたら、口辺を乾かします。

口辺が乾いたら、

土台からはずします、

しばらく乾かし、

底を削って形を整え、

高台を造ります。

先ほどの印の所に櫛目を入れ、付け高台にします。

竹べらで形を作り。

所定の大きさに削ります、

印を入れてできあがり、

完成。

焼上がりの一例。