いよいよ年の瀬も押し迫ってきました、例年は28日に餅つきをしていましたが、今年は最後のお花の稽古があるので繰り上げました。気温はプラスの3度以上あって雨が降っています。

洞爺湖も靄っています。

一日前に米を研いでおきます。

1臼三升、よく水洗いをします。

一晩水に浸しておきます。

笊にあげ水切り

蒸篭に移します、すこし多すぎて蒸すのに時間がかかりました。

ストーブにかけて蒸し上げます。

搗き始める前に、よく捏ねて米を潰してゆきます。

この作業が大切で、怠ると良い餅ができません。

つきはじめます

手返しと呼吸を合わせるのがたいへんです。

しばらく搗いて

一度餅を裏返します

だいたい搗きあがってきました。

最後はかるく搗きます。

搗きあがりです。さっそく、おろしもち、きなこもち、などにしてたべました。写真を撮るのを忘れてしまいました。

ビニールにくるんで2日程置いて硬くなったところで、切り餅にします、臼で搗いた餅はこしがあり美味しさも格別です。皆さん良いお年をお迎えください。