こんにちは、一英塾 勝田台校です。

今回も、
「中1の英語学習」と題して、
中1生の英語学習のポイントを述べていきます。

今回のテーマは、

「中1の英語学習⑤〜中学生は日本語も活用〜」
です。

簡単に言うと、
いろいろな英語の学習方法が提示されていますが、
「中学生は、今まで通りの方法で学習しましょう。」
ということです。

英語を学習するにあたり、
「All English!」
「全て英語!」
「日本語は使わない」
のが良い、という話があったりします。

もちろん、小学生、特に低学年のうちは、
日本語一切なしで英語に触れて、どんどん吸収してもらうのは大いに有効です。

中学生以上でも、
「日本語禁止!」
の環境に身を置くのも、時には面白いですね。

ただ、中学生以上は、ものすごく高い英語力がすでにある場合以外は、
日本語を使って、学習を進める方が有効です。

なんだか意味のわからない英語をそのままにするのは、
中学生以上の場合は、かえってフラストレーションがたまってしまう場合が多いようです。

英和辞典をつかったり、日本語訳を書いたりするのがいわゆる普通の中学校での学習です。
その学習方法も、中学生以上で本格的に英語を学習する場合には、大いに有効です。

従来通り日本語訳をうまく使って、学習をすすめていけば問題ないでしょう。

その上で、トレーニングを繰り返し、英語を英語のまま理解するところまで登っていきましょう。