こんにちは、一英塾 勝田台校です。

今回も、
「中1の英語学習」と題して、
中1生の英語学習のポイントを述べていきます。

今回のテーマは、

「中1の英語学習②〜ローマ字読みで単語を覚えるのはアリか?〜」
です。

前回の記事にもありますが、
中1の1学期、ある程度学習が進むと、
「スペル練習をどうするか?」という問題に当たります。

前回の記事では、早めにしっかり練習した方がいいですよ、とお伝えしました。

さて、今回のテーマは、
「ローマ字読みで単語を覚えるのはアリか?」
というものですが・・・

結論から言うと、
OK!

です!!

nameを「ナメ」、「baseball」を「ばせばじゅういち(?!)」と言った具合に、
スペルを覚えるために、そんな感じに覚えちゃうのも、
ひとまずOKです。

もちろん、正しい読み方をしっかり押さえた上でやりましょう。

なお、
name
base
game
date

のように、a_e となっている場合、
aを「エイ」と読み、eを読まない場合が多い
というものがあります。

これについては、スペリングを覚えた後に確認するということでも構いません。

自分の覚えやすい覚え方で覚えつつ、
いろいろな単語の共通点を見つけて、うまく覚えていくと良いでしょう。

自分なりにいい方法を模索すると、
その過程で、頭に残りやすくなりますし、なにより、
自分なりの個性的な暗記方法をさぐるのは楽しいですよ。


さて、この「ローマ字で覚える」方法。
「変な読み方を覚えてしまうのでは?」
という心配もあるかと思いますが、その心配はありません。

もちろん、正しい読み方を知らずに進むと危険ですので、
必ず、正しい読み方もしっかり押さえましょう。

語学学習は、失敗と修正の連続です。
万が一、変な覚え方をしても、学習を進めれば修正する機会がありますので、
そこで修正すれば大丈夫です。

失敗を恐れず、大胆にガンガンチャレンジしましょう。