熊本市東区桜木分譲地造成工事 | KATSURAGI STAFFブログ

KATSURAGI STAFFブログ

現場進捗やその他時事ネタ・日々の気づき等を載せていきたいと思います。

みなさん、こんにちは。
 
本日の調子はどうでしょうか?
 
葛城建設工業(株)は本日も元気に頑張っております❗️

 

 

今回は、先日完成しました。

熊本市東区桜木5丁目の分譲地造成工事の状況をお知らせします。

 

 

 

着工前です。

 

閑静な住宅街の中にある土地の開発です。

 

住宅街の中の工事は近隣挨拶をし、工事中ご迷惑がかからないように細心の注意を払いながら施工を進めていく必要があります。

 

雨水浸透桝を施工します。

 

 

吸い込まれそうな感じですね、、、

 

かなり深い所まで入れ込みます。

分譲地の宅内の雨水を吸い込んでくれます。

重要な設備です。

 

埋め戻します。

 

周りの土はしっかりと機械で転圧しながら埋め戻します。

 

次に分譲地の外まわりの擁壁と下水道の工事です。

 

L型擁壁です。

 

配管を通す下穴を掘っております。

 

真っすぐ数ミリのズレがないように配管していきます。

 

下水道の立ち上げです。

よく土地の隅の方に立ち上がっている配管です。

こんな感じで埋まっています。

手前に見えるのはマンホールです。

 

次は防火水槽と分譲地まわりの空洞ブロック工事です。

 

防火水槽を入れる下穴を掘ります。

 

 

 

防火水槽は災害時に非常に重要な役割を果たします。

 

ちょっとした部屋ぐらいの大きさはあります。

コンクリート製品なので、とんでもなく重量もあります。

 

同時に別の班で隣接地との境界部分に空洞ブロックを積んでいきます。

 

 

インフラ関係の工事が終わると整地に入ります。

 

その際余った土(残土)を排出したり、土が足りない場合は他の場所から持ってきたりします。

 

 

 

既存の道路の側溝も綺麗に工事をし直します。

 

 

 

 

 

 

複雑に入り組んだ所は土地の形状に合わせて施工します。

隣接地との境界部分に関係してくるので、ここでも数ミリ単位で施工します。

 

 

分譲地の表面には見た目が綺麗な砂を使用します。

 

 

 

 

 

何度も何度も機械を使い丁寧に整地していきます。

 

 

 

道路の形も見えてきました。

 

接道部分の複雑な形状の側溝も品質にこだわりを持って仕上げていきます。

 

 

舗装です。

 

 

 

こちらも機械で何度も踏み固めていきます。

 

分譲地内の道路も完成です。

 

分譲地周辺の道路も一部綺麗になりました。

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分譲地造成で周辺の住環境を改善・活性化し、それが地域貢献に繋がると信じて施工しております。

当社は品質にこだわりをもって施工しております。

 

またご報告致します。

 

 

 

 

 

 

「想像」がつかないものを
お客様と一緒『創造』していくのが
私達葛城建設工業株式会社の仕事です。

 

 

全ては、郷土で暮らすみなさんが

『住みたい土地で快適に暮らす。』ために。
 
◆宅地造成工事◆
◆土木建築事業◆
◆建築関連事業◆
◆土壌汚染対策◆
◆地盤補強事業◆
 
 
【特定建設業】
住所:熊本県熊本市西区池田1丁目15-65
TEL 096-352-9686 
FAX 096-352-9663 
Mail:info@katsuragi-kensetsu.com

 

◆不動産売買・仲介◆
◆不動産開発コンサルティング◆
◆中古住宅流通・リノベーション◆
◆土地インスペクション◆
◆空地・空家対策◆
◆相続対策提案◆
【総合不動産業】
La.Class(ラクラス)
葛城建設工業(株)開発事業部
 
本社:熊本市西区池田1丁目15-65
江津事務所:熊本市東区江津1丁目15-6
TEL 096-327-9657 
FAX 096-352-9663 
Mail:info@katsuragi-kensetsu.com
La.Class(ラクラス)は
LIXILグループ不動産チェーンERAのメンバーです。
 
 
現場の新着情報や不動産情報はコチラ↓↓↓↓
葛城建設工業(株)

https://www.facebook.com/kumamoto.takuzou/?pnref=lhc

総合不動産 La.Class(ラクラス)

葛城建設工業(株)開発事業部

https://www.facebook.com/laclassbykks54/?pnref=lhc