3焦点眼内レンズ「パンオプティクス」 | かつらぎ眼科クリニックのブログ

かつらぎ眼科クリニックのブログ

眼科 生駒-かつらぎ眼科クリニック 近鉄生駒駅前
コンタクトレンズ処方・眼精疲労・日帰り手術白内障・緑内障やレーザー治療など

新しい眼内レンズのアルコン社「PanOptix」の取り扱いを開始しました。

2019年6月に厚生省の認可をうけ、初めて国内承認を取得したアルコン社の3焦点型の多焦点眼内レンズです。そのため3焦点型多焦点で初めて先進医療保険をご使用頂く事が可能になりました。

レンズの特性はENLIGHTENテクノロジーを採用しており、遠方から近方まで幅広い距離で良好な見え方が期待できます。従来の2焦点レンズではピントが遠方と近方にわかれるため、中間距離の見え方が弱くなってしまうことが問題でしたが、3焦点レンズでは遠方、中間距離、近方に焦点を配分することで、その弱点をカバーして、より自然な見え方になります。また、非球面構造による像のボケの軽減と黄色い着色による網膜保護効果を兼ねそなえています。ENLIGHTENテクノロジーと呼ばれる光学デザインにより瞳孔径が大きくなるほど、遠くへの光配分を大きくし、不快なグレア・ハローを軽減し、3焦点眼内レンズ中で最も光学的エネルギーロスが少ない為、コントラスト感度も良好です。

また、角膜乱視を矯正する事も可能な為、乱視の強い方にも適応する事が出来ます。

多焦点レンズは患者様に合ったレンズを選択することが非常に重要です。当院では安心して手術を受けて頂けるよう何度も説明を致します。お気軽にご相談ください。

 

奈良での白内障手術の詳細は

http://www.katsuragi-ganka.com/

 

奈良・近鉄生駒駅前 コンタクトレンズ処方・眼精疲労・

日帰り手術白内障・緑内障やレーザー治療・オルソケラトロジー
かつらぎ眼科クリニック
http://www.katsuragi-ganka.com/