柳家さん助さん | つくづく ぼうし

柳家さん助さん


柳家さん喬師のお弟子さんの、さん助さんが東京から朝の9時に高殿に来られて「莨の火」のお稽古を4時間ほどして駆け足で南森町へ、だるまのうどんを5分で食べて、二番太鼓が鳴る天満天神繁昌亭へ。
せっかくですから昼席に出ていただこうとちょうど、この日に仕事で休演の楽珍兄さんのスケに入っていただきました。