ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

【肯定的に生きる人】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

ナイジェル・カンバーランド氏の心に響く言葉より…


《成功する人は他人が「ノー」と言う場面で 「イエス」と言い、成功しない人は 他人が「イエス」と言う場面で「ノー」と言う》 


「物事に、イエスと言おう。それは新たなことに挑戦し、新しい人に会い、人とは違う何かをすることだ。 楽観的に考え、ポジティブな態度をとり、周りに人が集まるような人間になることだ」( エリック・シュミット /アメリカの技術者、グーグルの元CEO) 



成功者は、他の人が「ノー」と言う場面で、「イエス」と言える人です。

会社から、昇進はするが勤務地は海外になるというオファーをもらったとき、あなたはそれを受けますか? 

恋人や配偶者から、思いがけない場所(たとえば「グリーンランド」)への旅行を提案されたとき、あなたはそこに行ってみようと思いますか? 

もちろん、リスクや現実的な問題を無視して合理的な判断をせず、闇雲にどんな話にも飛びつけばいいというわけではありません。


ただし、一歩踏み出すべきときにいつも躊躇ばかりしているのは問題です。

次のような言い訳が、口癖になってはいないでしょうか? 

「ごめん、いま忙しくて」 「また今度やるよ」 「いままで一度もしたことがないから」 「興味はあるけど、現状で満足してるから」 「もう他のことをすると決めてるんだ」 「今からじゃ遅いよ」 


こうした言葉の背後にあるのは、躊躇や恐れ、先延ばし、リスク回避といった感情です。 

このような言葉ばかり口にして「イエス」と言うチャンスを逃していると、成功は遠のいていきます。 

誰でも、「あのとき、イエスと言っておけばよかった」と後悔するものです。

断るときには、 そのチャンスを逃すことで失うものはわかりません。


自信を持って「イエス」と言えるようになるには、何が必要なのでしょうか? 

コンピューター科学者のランディ・バウシュは、「私たちが人生で後悔するのは、何かをした結果についてではない。私たちは、何かをしなかったことを後悔するのだ」と述べています。

他の人が「たぶん」「わからないな」 「おそらく」などと言っているときに、「イエス」と言える人になりましょう。


《成功者は、他の人が「ノー」と言う場面で、「イエス」と言える人》 

Successful people are the ones who say 'yes' when others say 'no'

『成功者がしている100の習慣』ダイヤモンド社





冒険的でチャレンジャブルなアイデアがあったとき、その中のマイナス部分だけを取り上げて、否定して、やらない人がいる。

反対に、その中の面白い部分、プラスの部分だけを見て、肯定して、それを行動に移す人もいる。

どの部分を見るかによって、その人の人生に対する姿勢が分かる。


人は否定的になれば、行動しなくなる。

しかし、肯定的になれば、冒険的で行動的になる。

肯定的になったときだけ、人は夢を見ることができる。


肯定的な人とは…

他の人が「ノー」と言う場面で、「イエス」と言える人。


肯定的に生きることができる人で。

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。