ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

【努力は継続するからこそ意味がある】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

内藤誼人(よしひと)氏の心に響く言葉より…


どんな分野でもそうだと思うが、プロの世界では現役でいるかぎり、努力は欠かせな
い。

たとえば、ピアニストがもう十分に弾けるからと、ちょっとでも訓練を怠ると、たち
まち「ただの人」になってしまう。

ボディビルダーも、目標の身体を作ったら、今度はそれを維持するために、同じくら
いの努力を必要とする。

成功したからといって、「はい、オシマイ」というわけにはいかないのだ。


ドイツにあるマックス・プランク研究所のラルフ・クランプ博士が、アマチュアのピ
アニストと、ウエスト・ベルリン音楽アカデミーに所属するプロのピアニストの両方
に、 「あなたはどれくらいピアノの練習をしているんですか?」と尋ねてみたことが
ある。

その結果、プロが平均して週に三十三時間もピアノを練習しているのに、アマのほう
は週に三、四時間であったという。

プロのピアニストのほうが、いやプロだからこそ、アマに比べて約一〇倍も頑張って
いたのである。


かりに目に見える成果をあげられたとしても、「やった!やった!目標を達成した
ぞ!」 と喜ぶばかりで、そこで努力をストップしてはいけない。

努力というものは、継続するからこそ意味があるのであって、それをやめたとたんに
「下り坂」になるということを肝に銘じてほしい。


たいていの両親は、子どもに向かって、 「大学に入学するまで頑張りなさい。そう
したら、思いっきり遊んでいいから」 などという励ましをする。

まったくナンセンスである。

その言葉を真に受けた子どもは、せっかく大学に合格したというのに遊び呆けてし
まって、何の知識も身につけることはない。

だから十分なおバカさんに戻って大学を卒業し、「使えない人材」と後ろ指をさされ
る社会人になるのである。


私も、例にもれず、大学に入学したときには、「さぁ、思いっきり遊ぶぞ」と思って
いた。

けれども、母親から、「お前は、遊ぶな。アルバイトもするな。たっぷり仕送りして
やるから、余計なことに時間を使わず、死ぬほど勉強してこい!」と言われてしまっ
た。

何をバカな......と当時は思ったが、今から考えれば、母親にそうやってクギをさし
てもらったことは、私にとって非常に幸運なことであった。


私は、学生時代にアルバイトをしたことがない。

ちょこちょこと遊んではいたが、平日には朝から晩まで、むさぼるように古典的な思
想書や心理学の論文を読みふけっていた記憶がある。

カウンセリングの専門学校にも通っていたし、翻訳の通信講座も受けていた。

そのときに得た下地があるために、私は、作家生活をつづけていられるのだと思う。

作家になってからも、いやむしろ今のほうが、本を書くための資料を読んでいるだろ
う。

努力は、ずっとつづけなければ意味がないと思っているからだ。


「体重を五キロ、減らすんだ」と意気込んでダイエットをスタートしたとしよう。

ところが、かりに成功したとしても、ご褒美だからと称してケーキを食べつづけてい
たら、リバウンドして元の木阿弥になるに決まっている。

そんな簡単な推論が、私たちはどうもできないようである。

オリンピックは参加するだけで意義があるらしいが、努力というものはやっただけで
は 意味がない。

それをいつまでもつづけることにこそ、意味があるのだ。

『継続はだれも裏切らない』PHP




いまどき、「努力することにこそ意味がある」と言ったら、多くの人から古臭いとか
カッコ悪い、と言われてしまうのがオチだ。

なぜなら、「効率よく最短で成果を得る」とか「努力しないで痩(や)せる方法」と
か、「努力しないで成功する」等々の生き方の方が主流となっているからだ。

「効率よく、短期間で、結果を出す」、という要領の良さや、損得で考える人が多い
からだ。


「まずは、努力に価値を見出すことが必要」と内藤氏はいう。

そして、「努力は決してムダにならない」と。


才能がある人や、天才ならいざ知らず、凡人は努力するしかないのはわかりきった話
だ。

しかも、圧倒的に努力することしか、一頭地抜きんでることはできない。


それを、稲盛和夫氏は「誰にも負けない努力をすること」だという。

それは取りも直さず、「継続すること」に他ならない。


「誰にもできる平凡なことを、誰にもできないくらい徹底して続けること」(鍵山秀
三郎)

すると、「平凡な中から生まれる、非凡を知ることができる」という。

「努力をやめたらただの人」

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。