ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

 【深い人】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

明治大学教授、齋藤孝氏の心に響く言葉より…


私は大学の講義のほか、一般向けの講演も行っており、幅広く質問を受ける機会があります。

メディアからの取材もあります。

そこで、本質的なものに触れる深い質問ができる人、表面的な部分にとらわれた浅い質問しかできない人がいます。

浅い質問には、「それはこうです」と答えて、はいおしまい。

簡単です。

そこからさらに話が広がったり内容が深まったりすることはあまりありません。


深い質問の場合は、こちらの頭も回転させなければなりません。

質問が刺激となって思考が深まります。

その答えによって質問者の考えも深まるし、実りの多い時間となります。


映画を見た感想やニュースに対するコメントにしても、聞く人が刺激される面白い話ができる人と、みんなが言っているような一般的なことしか言えない人がいます。

浅い人と深い人。

どちらの人の話を聞きたいか、聞くまでもありませんね。


では、その浅い・深いはどこから来ているのでしょうか。

それは一言で言えば、教養です。

教養とは、雑学や豆知識のようなものではありません。

自分の中に取り込んで統合し、血肉となるような幅広い知識です。


カギとなるのは、物事の「本質」を捉えて理解することです。

バラバラとした知識がたくさんあっても、それを総合的に使いこなすことができないのでは意味がない。

単なる「物知り」は「深い人」ではないのです。

教養が人格や人生にまで生きている人が「深い人」です。


深い人になるには、読書ほど適したものはありません。

本を読むことで知識を深め、思考を深め、人格を深めることができます。


たとえば西郷隆盛は「深い人」です。

西郷が生きた幕末・明治時代から人格者として慕われ、ものすごく人望がありました。

なくなってからも多くの人が西郷に惹かれて研究し、時代ごとに評価されてきました。

現代でも人気は衰えていません。


それでは、生まれたときから人格者で、「深い人」だったのかというと、そういうわけではないでしょう。

西郷は多くの本を読んでいました。

とくに影響を受けたのは儒学者佐藤一斎の『言志四録』です。

流された島でも、これを熟読し、とくに心に残った101の言葉を抜き出し、常に読み返していたと言います。

座右の銘としていた「敬天愛人」もそこから生まれたものです。

常に本を読み、自ら培っていったのです。

『読書する人だけがたどり着ける場所』SB新書




行徳哲男師の言葉がある。(いまこそ、感性は力)より


『カントは死ぬまで我が街から一歩も出でず。

キリストの布教はわずか5マイル四方。

しかし二人は人類を永遠に照らす深い真実を遺した。』


広さではなく、深さが真実や真理を伝える。

我々は往々にして、広さという、「華やかさ」や「派手さ」や「目立つこと」を求めてしまう。


そして、どんどん薄っぺらになる。


毎年、今の時期になると「深山(みやま)の桜」の話を思い出す。

深山の桜とは、山奥にある桜の木のこと。

桜の木が小さな頃は、まだだれも気付かない。

それがだんだんと大きくなるにつれ、その桜を見ようと、人がおしかけてくる。

やがて、何もない山奥に、その桜木までの細い道ができる。

そして、何年もたつと、大木となったその桜を見るために、道は広くなり、まわりに店もできる。

自ら一つの宣伝せずとも、自ら動かずとも、魅力があれば多くの人が集まってくる、ということだ。



深さとは、どっしりしていて、落ち着きのある、しみじみと感じる魅力。

魅力があれば、広さは関係ない。

深山の桜のような、魅力ある「深い人」を目指しましょう。

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。