ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

【おばあさんが教えてくれたこと】

致知出版社「人間力メルマガ」より


 困った人たちに救援の手を差し伸べる「おせっかい協会」会長の髙橋恵さんの活動の原点は、壮絶な幼少期の体験にあります。父親が戦死した後、高橋さんの母親は女手一つで幼い子供たちを育てますが、母親が手掛けていた事業は破産。高橋さんの一家は極貧生活を強いられた挙げ句、離ればなれになってしまいます。

そこで高橋さんを待っていたのが、辛い虐めでした。高橋さんの体験談を紹介します。

───────────────

(高橋)

妹に続いて姉と私も離ればなれになり、知り合いの家に預けられた私を待っていたのが壮絶ないじめだったんです。その家のおばあさんから四六時中小言を言われ、否定され、どこにも居場所がないように感じました。何か失敗して手をついて謝っても、これでもかというくらい頭を足で踏みつけられる。私はこのおばあさんが怖くて怖くて仕方がありませんでした。

涙をいっぱい溜めてはトイレでよく泣いていましたね。「お母さんや姉、妹はどうしているだろうか」と思っても、母の苦労を考えると耐えるしかありませんでした。ある日、トイレの小窓から鳥が飛んでいるのが見えたんです。
「鳥は自由でいいなぁ」と思った瞬間、壁もない垣根もないところで自由に飛べる鳥たちのように、
私もどんな時もプラス思考で、後を振り向かないで自由に生きていこうという思いが心の底から湧き上がって、胸が高鳴りました。

(中略)

私がお世話になって10年以上経った時、そのおばあさんが危篤になったという報せが届きました。
最後に会っておきたい気がするけど、どんな話をしたらいいんだろうと思って病室に入りました。

おばあさんはすっかり弱々しくなっていて、最初にこうおっしゃるんです。「当時はすまないことをしましたね」って。私のことをずっと気にかけてくれていたと分かった瞬間、それまであったわだかまりが消えていくのを感じましたね。

その時、思い出したのは鹿児島の知覧特攻平和会館に展示されている相花信夫さんという十八歳の特攻隊員が母親に宛てた遺書でした。その母親は継母で、相花少年は最後まで「お母さん」と呼べなかったことを詫びる内容です。

「母上お許し下さい。さぞ淋しかったでしょう。今こそ大声で呼ばして頂きます。お母さん お母さん お母さんと」と締め括られた遺書を見て私は号泣したんです。
私がお世話になったおばあさんもきっと、謝らないでは死ねないという気持ちだったのでしょう。この2人を通して人間は死ぬ前にどうしても言っておきたいことを言えないでいるとあの世に行けない、死ぬ時にその人の本心が現れると気づかされました。「許す」ということが、いかに人生において大事かということですね。 

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。