ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

【人生をどれほど楽しんできたか】

メルマガ「人の心に灯をともす」

小林正観さんの心に響く言葉より…


ダイヤモンドを持ってくることはできます。

金ももってくることはできます。

100人が100人とも、指さして「これは金だ、ダイヤモンドだ」ということはできますが、では「幸せ」というものを持ってくることのできる人はいるでしょうか。


宇宙的な意味で、絶対的な価値を持つものとして、誰もが認める幸せという名の現象、物体は、今も過去も存在していないのです。

では、なぜ幸せという言葉が存在するのでしょうか。

幸せは、「私」にだけ存在するからです。


「私」が幸せだと思ったら幸せ。

隣の人にとってそれが幸せなのではなく、全部「私」がそれを決めるのです。

今、目の前にある現象が来たとする。

この現象について私が、「あ、嫌なことだ、不快なことだ、イライラする」

と思ったとします。

思った瞬間にこれは嫌なこと、不快なことになります。


では、「私」がそう思わなかったら、この現象はただ通り過ぎるだけのこと。

ある現象が次に来たとする。

そのときに「私」が、

「あ、楽しい」

と思ったとします。

その瞬間にこれは楽しいことになります。

「楽しい」と思わなかったら、これはただ通り過ぎるだけのことです。


つまり、「私」が全部決めている、ということです。

幸も不幸も、勝ちも負けも、成功も失敗も、敵や味方も、全部自分が決めている。

「私」がそう決めなければ、敵も味方も、成功も失敗も、勝ちも負けも、幸も不幸も全部宇宙には存在しないのです。

全部ゼロ現象として存在している。


それをお釈迦様は「五蘊皆空(ごうんかいくう)」と言ったらしい。

重いとか軽いとか、暑いとか寒いというように色づけして、感想をつけて物事を評価したときに、その現象は実は全部「空」である、ということを後世の人々に伝えたかったらしい。

この一言が伝われば、そしてこの意味がわかると、私たちは悩みや苦しみから100%解放されるはずだった。

『「人生を楽しむ」ための30法則』フォレスト出版




小林正観さんは「物事のとらえ方」についてこう語っている。


『物事のとらえ方を、3つの帝国の住人になぞらえることができます。

「物事が半分しかないじゃないか」と否定することを、非(あら)ずの心で「悲しい」と書きます。

物事について「そうじゃないじゃないか」と非ずと否定する心が、悲しみ悲劇の元、ということを表しています。

そればかりを言っている国に住んでいる人を、私は「非帝国(否定国)の住人」と名づけました。

そして、「うれしい、楽しい、幸せ」と物事を何でも好ましいほうにとらえる人を「好帝国(肯定国)の住人」と言っています。

そして、コップに水が半分残っているのを見て、「何者かが半分も残してくださってありがたい」というようなとらえ方をする人、物事を何でも感謝の心で「ありがたい」という人。

私は東京の深川の生まれなので、江戸弁でこれを「ありが帝国(ありがてえ国)の住人」と名づけました。

非帝国の住人であってもかまわない。

それが楽しくて心地よければそこにいていいのです。

好帝国の住人でいるのが心地よければ「うれしい楽しい幸せ」と思って生きていけばよい。

それから何でも「ありがたい」と思って生きていくのが心地よいのであれば、その心地よいところで自分が生きていけばよい、ということです。』


「五蘊皆空(ごうんかいくう)」とは、仏教の言葉で、この世の全ての存在や現象は「空」であるという。

五蘊とは、5つの集まりのことで、色、受、想、行、識をいう。

色とは、肉体であり、身のまわり全てのもの。

受とは、感じること、知覚すること。

想とは、何かを想うこと、好き嫌い。

行とは、意思や、捉われた想い。



あの世に行くと、向こうで決まって聞かれることがあるという。

それは、「人生を、どれほど楽しんできたか」という問い。

つまり、人生という現象をどう捉えたか、という質問だ。


小林正観さんは、「幸も不幸も、勝ちも負けも、成功も失敗も、敵や味方も、全部自分が決めている」という。

つまり、この人生を楽しいと思うか、そうでないと思うかは自分が決めている。


この一度しかない人生を…

面白がって、楽しんで、愉快に、生きていく人で。  

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。