ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

【今日の名言】

「いかなる時も上機嫌で
 希望の旗を掲げ続けよ」

――三浦雄一郎(冒険家)


【ナポレオン・ヒルの成功哲学】

黒岩 功 (ル・クログループオーナーシェフ

致知出版社「偉人メルマガ」より


「これ難しい本だけど、おまえにやるわ」

そう言って、
職場の先輩が餞はなむけとして
プレゼントしてくれたのが、
ナポレオン・ヒルの『成功哲学』でした。

初めて読んだ時は「面白いな」といった程度で、
特段感興を催すことはなかったのですが、
私はその本を携えて、
全国司厨協会の調理師派遣メンバーとして
スイスに渡りました。

いざ現地へ行くと、
不条理なことが次々に起こります。
まず言葉が通じないため相手にされない、
「イエローモンキー」と呼ばれ差別される。
何をすればよいのか分からず、
孤独感ばかりが募っていく。
早々に「日本に帰りたい」という気持ちが膨み、
私の心は折れる寸前でした。

そういう状況下で、
『成功哲学』を何気なく手に取って開いた瞬間、
今度は「面白い」という感覚ではなく、
本から活字が飛び出てくるくらい、
書かれている言葉が心の中に入ってきたのです。
それからというもの、
来る日も来る日も繰り返し読んで勉強し、
人に伝えるアウトプットはできない代わりに、
行動を通じてその教えをアウトプットしていきました。

まさに『成功哲学』の考え方が私の血肉となり、
人格形成のコアになったわけです。
一年間スイスでの就労を終え、
本来であれば日本に帰らなければなりませんでしたが、
「三ツ星レストランで絶対に働きたい」
「このまま帰ったらもう二度と来れないかもしれない。
このチャンスを逃してなるものか」と思い、
無謀にも徒手空拳でフランスに渡ることを決意しました。

そのフランスでの二年間の修業時代、
とりわけ私を支えたナポレオン・ヒルの言葉は、
「諦める一歩先に必ず宝がある」と、
もう一つは「信念の力」と題する詩です。

もしあなたが負けると考えるなら、あなたは負ける。
もしあなたがもうダメだと考えるなら、
あなたはダメになる。
もしあなたが勝ちたいと思う
心の片隅でムリだと考えるなら、
あなたは絶対に勝てない。
もしあなたが失敗すると考えるなら、
あなたは失敗する。
世の中を見てみろ、
最後まで成功を願いつづけた人だけが成功してるではないか。
すべては「人の心」が決めるのだ。
もしあなたが勝てると考えるなら、
あなたは勝つ。
「向上したい」「自信をもちたい」と、
もしあなたがそう願うなら、
あなたはそのとおりの人になる。
さあ、再出発だ。
強い人が勝つとは限らない。
すばしこい人が勝つとも限らない。
「私はできる」そう考えている人が
結局は勝つのだ!
 

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。