ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

【行動力の伴わない精神論は害である】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

高橋歩氏の心に響く言葉より…


●行動力の伴わない精神論は害である。

●ぐちゃぐちゃ言うな。やれば、わかる。

●根拠のない自信で突っ走れ!

●攻撃者には自由があるが、防御者には自由がない。

●もっともっと、突き抜けるんだ。あらゆるものをぶち壊す圧倒的なエネルギーで。想像力を超えた、爆発的な創造力で。一瞬で、すべてを決めてやれ。

●頭がシンプルな奴ほど、行動はパワフルだ。



◆F1レーサー、アイルトン・セナ

理想を語ることは簡単だが、自ら実践するのはすごく難しい。

だからこそ、とにかく、どんな時でも、ベストを尽くして生きなければいけない。

その結果、うまくいく時もあれば、そうでない時もある。

間違いを犯すこともあるだろう。

でも、少なくとも、自分自身に対しては誠実に、そして、自らの描いた夢に向かって、精いっぱい生きていくことだ



◆堤康次郎(西武グループ 創業者)

それまでに経験した失敗は、人生観を見出すための月謝と思えば、安いものだ。



◆マドンナ

たくさんの人々が反対するのはわかっている。

でも、まず受け入れてみて実際に感じ、実践したうえで何が悪いのかを感じることが重要です。



◆ゲーテ

芸術家よ造れ。

しゃべるなかれ。



◆盛田昭夫(ソニー)

アイデアの良い人は世の中にたくさんいるが、良いと思ったアイデアを実行する勇気のある人は少ない。

我々は、それをがむしゃらにやるだけである。



◆ロバート・デニーロ

口で言う前にやれ、と私は言いたい。



◆鳥井信治郎(サントリー創業者)

なんでもやってみなはれ、やらなわからしまへんで。

『人生の地図』A-Works




斎藤一人さんの『地球は「行動の星」だから』という話がある。

『この星は、思ったことがかなう星ではありません。

思ったことが正しいかどうか、それを行動に移してみて、うまくいったらそれは正しい、うまくいかなかったらそれは間違いである、ということがわかる星なんです。

そのためには、まず人に聞くのもいいし、勉強するのもいい。

けれど、いずれにしても行動ありきなんです。

行動しながら自分にとっての正しい道を選ぶの。

成功とか、楽しさとか、しあわせとか、そういうのを探す星なんだよね。

それで、さらに言えば、最初からうまくいかない星なの。

そんなことは当たり前なんです。

だから「行動したけどうまくいきませんでした」って、当たり前のことにいちいち落ち込んでいたらダメだよ。

とにかく成功するまでやる。

それがおもしろさなの。

成功がおもしろいんじゃないです。

成功するまで改良する。

その成長している自分が魅力的で、おもしろいの。

成功、成功っていうけど、成功っていうゴールより、そこに向かっていく旅路の途中がおもしろいんだよ。

旅行でも目的地に向かっているときがいちばん楽しいんです。

着いたら、あとは帰るだけなんだよね。

行動してもうまくいかなければ、それを改良・改善すればいいんです。

特に大切なのは、自分を改良することです。

そうすると魂的にも成長します。

それと「改良グセ」を身につければ、仕事でもなんでもうまくいくようになるからね。

この世のシステムはすべてそうだけど、改良しないといけないようになっているんです。』(地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。/サンマーク出版)より



行動できない人は、失敗を恐れている。

失敗しないようにと、あらゆるリスクをゼロにしようとする。

すると、行動するところまで到達しない。

結局、頭の中で考えているだけ、ということになってしまう。


頭の中でだけで考えている人、つまり理論や理屈が先行している人は、行動が鈍(にぶ)い。

口先だけで、何も行動しない。

つまり、「行動力の伴わない精神論は害である」ということ。


「地球は行動の星」

だからこそ…

「ぐちゃぐちゃ言うな。やれば、わかる。」という言葉を胸に。

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。