ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

【教員の仕事は教壇に立って教えることだ】

致知出版社「偉人メルマガ」より


徳永康起先生は熊本県の歴史始まって以来、
初めて三十代の若さで小学校の校長に
なられた方でしたが、初めて

「教員の仕事は教壇に立って教えることだ」

と五年で校長を降り、自ら志願して
一教員に戻った人でした。

だからどの学校に行っても
校長に煙たがられたと思われますね、
自分より実力が上なものだから。

それで二年ごとに学校を出されてしまうんだけど、
行く先々で教師たちが一番敬遠している
難しいクラスを受け持って、
みんなを勉強好きに変えてしまうんです。

授業の前に児童たちが職員室へ迎えに来て、騎馬戦みたいに先生を担いで、
「ワッショイ、ワッショイ」
と教室に連れていったというんです。
先生、早く教えてくれって。

先生は昼飯を食べない人でした。

なぜ食べないかというと、終戦直後、
昼の時間になると弁当を持ってこられない子どもたちがさーっと教室からいなくなる。

それでひょっと校庭を見たら、
その子たちが遊んでいたんです。

その時から自分もピタッと昼飯を食べるのをやめて、
その子たちと楽しい遊びをして
過ごすようになりました。

以来、昼飯はずっと食べない人生を送るんですよ、
晩年になっても。

これは戦前の話ですが、
「明日は工作で切り出しナイフを使うから持っておいで」と

言って児童たちを帰したら、次の日の朝、
「先生、昨日買ったばかりのナイフがなくなりました」
という子が現れました。

先生はどの子が盗ったか分かるんですね。

それで全員外に出して遊ばせているうちに、盗ったと思われる子どもの机を見たら、やっぱり持ち主の名前を削り取って
布に包んで入っていた。

先生はすぐに学校の裏の文房具店に走って、同じナイフを買い、盗られた子の机の中に入れておきました。

子どもたちが教室に帰ってきた時、
「おい、もう一度ナイフをよく探してごらん」
と言うと、「先生、ありました」と。
そして「むやみに人を疑うものじゃないぞ」と言うんです。その子は黙って涙を流して先生を見ていたといいます。
 
それから時代が流れ、戦時中です。

特攻隊が出陣する時、
みんなお父さん、お母さんに書くのに、
たった一通徳永先生宛ての遺書があった。

もちろんナイフを盗った子です。

「先生、ありがとうございました。
 あのナイフ事件以来、
 徳永先生のような人生を送りたいと
 思うようになりました。

 明日はお国のために飛び立ってきます……」
 
という書き出しで始まる遺書を残すんです。 

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。