ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

【人生の食卓】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

ひろさちや氏の心に響く言葉より…


わたしは豆と芋が嫌いである。

子どものころ、親類の家で豆と魚を出され、嫌いな豆を片付けたあと、ゆっくり魚を食べようと思った。

ところが叔母が、「そんなに好きなんだったら…」と、もう一杯おかわりの豆を入れてくれたのには往生した。

それ以来、好きな物から食べることにしている。


それはともかく、曹洞宗の現代の名僧であった沢木興道の言葉に、

「全部いただく。選(え)り食いはせぬ」

がある。

なかなかいい言葉だ。

わたしにはちょっと耳が痛いが…。


しかし、沢木老師はたんに偏食について言われたのではない。

お分かりであろうが、これは人生の生き方についての言葉なのである。


人生の食卓には、いろんなご馳走が出てくる。

好物もあれば、嫌いな物も出てくる。

ご馳走ばかりとはかぎらない。

粗末な食事が供されることだってある。


わたしたちはこの人生において客である。

客だと考えたほうがいい。

なかなか、自分の思い通りには生きられないからである。


客だとすれば、わたしたちは出された食事を、あれこれ選り好みしないで全部いただかねばならない。

注文をつけることは、客の分際をわきまえていないことになる。

そう、逆境になれば、逆境の人生をしっかり生きればいいのである。


まあ、ほとけさまがそのような食事を出してくださったと思えばいい。

安楽に生きられるなら、安楽に生きるとよい。

死ぬときも同じで、のたうちまわって死ぬ運命であれば、それもほとけさまの食事としていただけばよいのだ。

それが沢木老師の言いたかったことであろう。

『のんびり生きて気楽に死のう』PHP研究所



良寛和尚が71才の時、三条市を中心に大地震が起こった。

そのとき知人にこんな見舞の手紙を送っている。


『「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候  死ぬる時節には死ぬがよく候  是はこれ災難をのがるゝ妙法にて候」 

災難にあったらジタバタせず、腹をくくって災難を受け入れなさい。 

死ぬ時が来たら、あわてず騒がず、淡々と死を受け入れなさい、これが災難を逃れる唯一の方法だ、という。 

災難は、腹をくくると、気持ちが落ち着く。 


「災難は、敵対しないで淡々と受け入れる」 それが、災難をのがれる最良の方法。


まさに…

「全部いただく。選(え)り食いはせぬ」  

選り好みをしないで、人生を淡々と生きてゆける人で。

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。