ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

 【味わい深い人生を送るためには】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

小林正観さんの心に響く言葉より…


たとえば、時速10キロで流れている川にボートを浮かべているとき、人は「漕(こ)がなくてはいけない」と思ってしまいがちです。

ボートを浮かべて「そのまま流れ下っていいんだ」と教えられてはこなかった。

時速10キロの川の流れに対して、上流に向かって時速10キロで漕いでいる人は、外から見ていると、少しも動いていません。


「あの人、いったいいつまで同じところにいるのかな」という状態。

大汗かいて、「こんなに私は、努力してがんばっているのに、なぜ、人生変わらないの」と本人は嘆く。

しかしそれは、上流に向かって漕いでいるのかもしれません。

流れに逆らっている。


じゃあ、今度は、下流に向かって漕いでいる人はどうか?

左右の岸にすごく面白い人たちがいるにもかかわらず、動きが速すぎて、その人たちに手を振っている余裕がない。

笑顔を交わすことすらできない。


結果として、ものすごい速さで流れ下っていくのですが、その先は、ナイアガラの滝のようになっている。

わざわざ急いで行かなくても…。

ナイアガラの滝というのは、つまり死というものです。

人間の肉体の死です。

自分は、一生懸命やっているつもりでも、もしかしたら、死に急いでいるということかもしれません。


では、味わい深い人生を送るためには、どうすればいいか。

川の流れに舟を浮かべているだけ。


漕がない人生はどうかといえば、左右の景色を楽しみ、風を感じながらゆったりと流れていく。

それが、とても豊かな選択のように思えます。

この流れをあれこれ変えようとせずに、「おまかせ」してみてはどうでしょうか。

身をゆだねるとは、そういうことです。


そして、ゆだねはじめた人からは、ほんわか温かい空気が漂ってきます。

おまかせした人は、生き方もしなやかですから、まわりの人はその人に対して「あれやって」「これやって」といろんなことを頼みたくなるようです。

とても頼まれやすい人になる。


そのときに「自分は今まで何も考えないで、のほほんと生きてきたけど、頼まれごとを引き受けることが、生まれてきたことの意味かな。喜ばれることかもしれないな」と思いながら、あちらに動かされ、こちらで楽しい人々と出会い、というのをやっていくことになります。

さらに、流れを素直に受け入れれば受け入れるほど、宇宙はどんどん示唆をくれるようになります。

すると「どうも自分はある方向に向かって、同じようなことを頼まれているようだ」と感じはじめます。


ある人は、心安らげる場所を提供する。

ある人は、子供たちと笑顔で接する。

というような、ある種の方向性みたいなものに気がついてきます。

そうしたら、そのまままわりの皆さんが持ち込んでくることを、もう何も考えずに、ただやっていけばいい。


不思議なことに、自分で努力目標を立ててがんばっていたころよりも、風に吹かれ、川に流されて生きるほうが労働量が多かったりするのですが、好き嫌いを分けない心になっていると、悩んだり苦しんだり迷ったりすることが少なくなる。

精神的なストレスがなくなって、元気でいられます。

私も20年くらいかけて、一切抵抗しないで、宇宙が「こうしましょう」と示唆している流れに舟を浮かべて下っていく、という生き方になってきました。


“風”に従い、“流れ”に従う。

こういう人を、「風流な人」と呼びます。

「風流な人」でいることは、人生の喜びを優しく感じることができる生き方のようです。

『「そ・わ・か」の法則』サンマーク出版



人は、生きていくうちに、生まれてきた意味や使命を知る。

使命とは「使われる命」であり、自分の命がどのように使われていくのかを知ることだ。

それは、自分が自分の命を使うのではなく、天によって使われるという意味だ。


自分が命を使うことを「懸命」という。

あらんかぎりの力を出し尽くして頑張ることだ。

懸命な人は、燃え尽きやすい。

期待した結果が得られないと、懸命に頑張れば頑張るほど、燃え尽きてしまって、エネルギーがゼロとなり意欲を失ってしまう。


「頼まれごと」をふうふう言いながら引き受け続けていると、日々の仕事量はむしろどんどん増える一方だが、気持ちは豊かになる。

そして、それが続くと、年齢を重ねても、頼まれごとで一日がすぐに一杯になってしまう。


しかし、多くの人は、定年という時を境に、「頼まれごと」がこなくなる。

それは、会社にいる間、会社以外の頼まれごとをことごとく引き受けてこなかったからだ。

頼まれごとを断れば断るほど、「頼みにくい顔」になる。


反対に、頼まれやすい人は、なごやかで、ほんわかして、温かな顔になる。

それが「和顔」。


仏教では、「和顔愛語」というが、和やかな笑顔と、優しく愛ある言葉で相手に接することだ。

味わい深い人生を送るため…

和顔愛語の実践をし、頼まれごとの多い人生を。

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。