ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編

ちょっといい話の回覧板

【喜び上手な人には運がやってくる】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

天才コピーライター、ひすいこたろう氏の心に響く言葉より…


まわりの人から愛されて、楽しいことが次々に起こる方法をお伝えしましょう。

これも見方道・家元・小林正観さんから教わったことなんですけどね。


まず、あなたのまわりで、「この人が困っていたら、私はなんとしてでも助ける」と
いう友人を思い浮かべてください。

どうして、あなたはその友人を思い浮かべたのでしょうか?

その人のどんなところが、あなたを助けたくさせているんだと思いますか?


それがわかると、楽しいことが次々に起こる秘訣がわかります。

あなたが思い浮かべた友人は、ちょっとしたことでも、とても喜んでくれる人ではあ
りませんでしたか?


動物にはない人間だけの本能。

それは、「喜ばれるとうれしい」と感じることだそうです。

だから、喜んでくれる人は、愛されるのです。

喜ばれると、人はやる気になりますから。


ところで虹をよく見る人って、どういう人かわかりますか?

虹が大好きな人なんです。


茶柱が立つ人って、どんな人かわかりますか?

常日ごろ、茶柱が立つとうれしいって、強く思っている人なんです。


もし神様がいるとしたら、やっぱり、ちぃちゃなしあわせや、ささいなことでも、喜
んでくれる人のために働こうか、と思うのではないでしょうか?

なにをしても、ブスッとしてる人。

ちょっとしたことでも、喜んでくれる人。

あなたはどちらを応援したくなりますか?


『3秒でハッピーになる名言セラピー』ディスカヴァー

 

たとえば、自分が読んで感動した本や、見て感激した映画を誰かにすすめたとき、
「ああ、そうですか」と何も反応のないような人がいる。

反対に、すぐにメールや携帯で、「あの本、メチャクチャよかった!ありがとう」と
言う人もいる。

次に、どちらの人に情報を伝えたくなるのかは、言うまでもない。

こうやって、運やチャンスが、どんどん来る人と来ない人ができてしまう。

だから、喜び上手な人には運がやってくる。


たとえば、無料の講演会を開催したようなときも同じだ。

この人はきっと喜ばないだろうな、という人にはだんだんと知らせなくなる。


「箸(はし)が転んでもおかしい年頃」という言葉がある。

主に若い女性に使う言葉だが、これは実は、男も女も、若い人も年配者にも必要な感
性だ。

たわいもないことに「笑う」「おもしろがる」「喜ぶ」。


人は、喜んでくれる人には、もっと喜ぶようなことをしようと思う。

喜び上手な人で。

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。