◇ ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編
2019-05-12 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板

テーマ:ブログ


【暗示が与える影響】

メルマガ「魂が震える話」より


暗示が運命を分けた二つの例を紹介しましょう。


一つは貧民街から育ち、俳優として有名になったカーク・ダグラスです。


もう一つはカーク・ダグラスと同じ貧民街で育ったチャーリー・ウィリアムズです。


二人はほとんど同じ条件のもとで育ちましたが、一方は有名になり、人生の成功者になりましたが、他方のウィリアムズの方は飲んだくれで終わり、人生は開けませんでした。


二人を分けたのは何だったのでしょう。


二人が学校に通っていたころ、カーク・ダグラスは学校の成績も悪く、不良少年でした。


人生の目標も持たず、女の子の後ばかり追いかけていました。


けれども彼を変える出来事が起こりました。


一人の女先生が彼のクラスの担任になり、学校の劇で彼に小さな役を演じるように言いました。彼が選ばれる理由は何もありませんでした。


けれども女先生はカーク・ダグラスを選び、彼の劇をほめてくれたのです。


女先生は彼に「演技が上手だ」と言ってくれたのです。


その一言が暗示となって彼の人生を変えました。


彼は演劇の道を選び、ついに有名な映画俳優になりました。


チャーリー・ウィリアムズはカーク・ダグラスより一つ年上で、学校の成績も良く、特に数学に優れていました。


十二歳の時、父の仕事の都合でロードアイランド州に一家で引っ越し、貧民街の生活ともおさらばし、生活も豊かになりました。


ところが、彼の人生をおかしくする女教師の一言があったのです。


移った学校の担任の女教師が、チャーリー・ウィリアムズの鼻が大きいので、いつもそれをからかったのです。


「チャーリー、どうしたの。鼻がじゃまをして宿題が読めないの?」


彼はそのため学校に嫌気がさして退学しました。


以後の彼の生活は不運の連続でした。


彼は女教師の言葉が暗示となって自分をどんどんマイナスに感じ始め、ついに人生の最後にはニューヨークの浮浪者宿泊所で寝泊まりするだけの夢を失った浮浪者になり果てました。


周りの人の一言は、このように強い暗示となって人の人生を支配することがあります。


(「夢を叶える人の人間学」七田眞 著 / 七田厚 監修 / Wonder Noteより)


_______


他者から受けた暗示によって、大きく人生を変えた二人の人物のお話でした。


子供や部下に対して何気なく使う言葉が、もしかしたらその子の人生をも変える事になるかもしれません。


良い言葉や相手の可能性を信じて話す言葉は、良い方向に導くでしょうし、


悪い言葉や相手を否定する言葉は、きっと悪い方向に導いてしまうでしょう。


この本には以下のことも書かれていました。


「天才について研究したオストワルトという学者がいます。


オストワルトは天才たちに共通することは何かと長年調べて、天才たちに共通して見られる二つのことを調べだしました。


その一つは天才と呼ばれる人たちは皆、非常に読書家だということです。


もう一つは天才たちが成長する段階で、周りの誰かに良い暗示を受けたということです」


以前読んだ(「できる男は金を呼ぶ!」船瀬 俊介 著 / 主婦の友社)という本に、こんなお話がありました。


___


病気とは「気」が「病む」と書きます。


つまり「気(心)」が病んだ状態なのです。


それが、「体」の不調となって表れてくるにすぎません。


ただの小麦粉でも「これは、病気に効くすばらしい薬」と聞かされて飲むと、本当に効くのです。


それは、プラシーボ(偽薬)効果と呼ばれます。


症状は、小麦粉が治したのではなく、「効く」と信じた心が治したのです。


逆も起こります。


目隠しをして「あなたの腕にかぶれるうるし液を塗りましたよ」と暗示をかけ、ただの水を塗るとアラ不思議。


そこが、赤くはれてくる。


アレルギー反応が起こったのです。


これは、水にかぶれたのではなく「心」が「体」に反応させ、症状を発症させたのです。


つまり「想いは叶う」とは「悪い想い」も叶うのです。


いつも「若い」と思っている人は、全身機能が若さを保つ方向にはたらきます。


いつも「老けた」と思っている人は、さらに老けていきます。


体の機能が老化の方向に作動するからです。


同様のことは、人生のあらゆる場面で起こります。


仕事でも、スポーツでも「失敗するかも」と思うと失敗し、「成功する」と思うと成功するのです。


「失敗を話せば失敗が、成功を話せば成功がやってくる」(ナポレオン・ヒル)


だから、ネガティブな考えグセの人は、何をやってもうまくいかない。


「ああ、俺はだめだ。だめ人間だ」と頭を抱える。


すると、また失敗する。


何でもクセづくといいます。


こういう人は、強引にでも180度、スイッチを切り替える必要があります。


「できない」から「できる」、「ネガティブ」から「ポジティブ」へ、スイッチを回す。

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

浪花のコーチング税理士[中小企業のホームドクター]さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ