◇ ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編
2019-03-11 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板

テーマ:ブログ

 

【副作用のない注射】

メルマガ「魂が震える話」より


【心を明朗に、一切の苦しみをも微笑みにかえていくようにしてごらん。


そうすると、悲しいこと、つらいことのほうから逃げていくから】


朝、気分よく目覚めると、その日はよいことが起こりやすく、一日を楽しく過ごせま
す。


反対に、イヤな気分でいると、ろくなことがありません。


出発点は「心のもち方」です。楽しいことを浮かべることです。


すると、実際に楽しい出来事が起こります。


不快なことを考えると、敬遠したい出来事までが押し寄せます。


このように、心には同質のものを引き寄せたり、創造したりするという法則性がある
のかもしれません。


心がマイナスの状態にあるとき、引き寄せなくてもいいマイナスが集まってきます。


プラスの材料ですら、わざわざマイナスの意味に置き換えて受けとめてしまいます。


そんなとき、プラス言葉の注射をすることです。


たとえば、「心がどんどん明るくなっていく」と唱え続けます。


これが、微笑みに変えていく言葉です。


やがてこの言葉が効き始めて、マイナスのほうから逃げ出します。


心が前向きになるような言葉を唱え、自己暗示することが、プラス言葉の注射です。


副作用はありませんから、いつでも、どこでも注射してかまいません。


(「中村天風 折れないこころをつくる言葉」池田光 解説


_______


天風さんは、こんな言葉も残しています。


「怒ることがあるから怒るんだ、

悲しむことがあるから悲しむんだ、

ということじゃ、

人生に幸福なんてきやしないぜ」


プラスの心がプラスの結果を引き寄せ、マイナスの出来事も微笑みにかえることによ
りプラスに転じる。


日本の格言に「笑い栄ゆ」というものもあります。


「笑いあるところに栄えがある。笑顔や笑いは、夫婦円満・家庭円満をもたらし、ま
た商売繁盛をもたらす」という意味です。


あのダイアナ妃は笑顔を作る練習を日々行っていたそうです。


アンジェリーナ・ジョリーも、なんとなくやる気が出ない日は、早起きして近所の公
園をニコニコと笑いながら散歩することがあると。


オードリー・ヘプバーンも「この世で一番すてきなことは、笑うこと」と言い、特に
「誰かと一緒に笑うことは、魔法の力を持っている」と語っています。


笑顔は、人間にしか出来ない神様から与えられたプレゼント。


そして笑顔には、「私はあなたを受け入れます」という積極的な「受容」のメッセー
ジを発信する効果もあるのです。


逆に言うと、しかめっ面で機嫌が悪そうな人は、「あなたを受け入れません、認めま
せん」という「拒否」のメッセージを知ってか知らずかのうちに送っていることにな
ります。


自分が「拒否」のメッセージを送っているのに、相手から笑顔(受容)のメッセージ
が送られることは、よほど相手がマザー・テレサのような聖人でない限りまずありま
せん。


もちろん、仕事を頼まれることもないでしょうし、パーティーに誘われることも、相
談されることも、もちろん好かれることも、可能性としてはかなり低いでしょう。


だから、「笑顔」は福の神を呼び込み、「不機嫌」は貧乏神を呼び込むのです。


いろいろあるけど、笑顔はお金も掛からず、今すぐ出来て、誰にだって出来ることだ
から、下を向きたいときほど笑顔でいた方がいい。


「笑顔」や「プラスの言葉」という“副作用のない注射”で乗り越えていきましょ
う。

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

浪花のコーチング税理士[中小企業のホームドクター]さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ