◇ ちょっといい話の回覧板 | 浪花のコーチング税理士☆食べ歩き編
2018-07-08 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板

テーマ:ブログ

 

【弱者は最後に勝つ】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

野村克也氏の心に響く言葉より…


私は、自らのことを間違いなく「弱者」だと思っている。

人はいろいろと言うかもしれないが、自分の人生を振り返ってもやはり私は弱者だ。


プロ野球の世界で選手としても監督としても実績を残すことができた。

だが、これは私が強いからではない。

弱者であるからゆえ、いつの時もおごらずに謙虚になることができた。

それが、結果につながった。

弱者こそ、最後に勝つのである。


そもそも、私が自分を弱者だと思うその原点は、幼少期の経験にある。

私が生まれ育った京都の田舎の家は、とにかく貧乏だった。

想像を絶する貧困家庭。

父親は私が2歳の時に亡くなり、兄と私の二人を体の弱い母親が女手ひとつで育てて
くれた。

戦後直後で、もともと食料もない時代。

まさに絵に描いたような典型的な田舎の貧乏一家で育ったのだ。


だから、とにかく貧乏から脱却したい、そのためにはどうしたらいいのか、どうすれ
ば金持ちになれるのか。

子供の頃はそんなことばかり考えていた。

それで中学では野球部に入って、とにかく必死に打ち込んだ。

野球を極めれば、プロになれる、金持ちになれる、貧困から脱却できる、と思って。


高校は峰山高校で野球に取り組んだ。

とは言っても、峰山高校野球部は、当時部員は12人くらいしかいなかったし、結局私
のいた高校3年間で甲子園の京都府予選に一度勝っただけという典型的な弱小高校。

プロのスカウトが見にくるなんてことはもちろんあり得ない。

あまりにも弱いから、一度潰されそうになったこともあるくらいだ。


そんな経験を子供の頃からしていると、やっぱり何をしていても良く言えば謙虚、悪
く言えば卑屈になってしまう。

貧乏性が体に染みついているのだろう。

その後、運良くテスト生でプロに入っても、成功できるなんて夢にも思わなかった
し、田舎の高校を出ただけの自分が監督になれるとも思わなかった。

自分が強いとは、とてもじゃないけど思えない。


でも、結果としてそれが良かったのかもしれない。

自分が強いと勘違いしてしまったら、そこで努力をしなくなるし成長は止まってしま
う。

頭を使って工夫しようとすることもなくなるだろう。

貧乏性がゆえに、いつも謙虚に努力して工夫をすることができた。

それが、プロ野球の世界で長くやれたことにつながっているのだと思う。


やはり、弱者は最後に勝つ。

もっと正確に言えば、弱者だから謙虚さを忘れず、努力を続けることができる。

だから最後に勝てる。

それは今の若い選手たちにも忘れてほしくないことのひとつだ。


『弱者の流儀』ポプラ社

 


松下幸之助氏の有名な言葉がある。

「私は貧乏で、体が弱くて、学歴がなかった(中卒)、だから成功できた』

普通の人なら、その正反対のことを言うだろう。


「弱者だからよかった」、「貧乏だからよかった」というのも同じ。

逆にいうと、天性の素質や才能がある人は、そのことに慢心(まんしん)して傲慢
(ごうまん)になったりして、努力をしなくなるし、お金持ちの家に生まれ、なに不
自由なく育ったとしても、それは同様だ。


人生は、困難なことや、厄介(やっかい)ごとが、その人の魂を磨き上げる、砥石
(といし)や磨(みが)き砂となる。

ただし、その困難なできごとにたいして、愚痴をいったり、不貞腐(ふてくさ)れた
り、卑屈(ひくつ)になってしまったら、魂の成長はマイナスとなる。


「弱者だからよかった」と言える人で。

 

 

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

浪花のコーチング税理士[中小企業のホームドクター]さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス