2018-04-14 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板

テーマ:ブログ

 

【9割の人に足りていないもの】

メルマガ「魂が震える話」より

_______


突然ですが、思い出してみてください。


あなたは、最近、ほめられたことがありますか?


「わたし、最近ほめられてないな・・・」という人が多いかもしれません。


仕事をがんばっているのに、上司は認めてくれない・・・。彼にほめてもらうために髪形を変えたのに気づいてくれない・・・。家事や育児、料理を完璧にこなしているのに、「当たり前」として、旦那からはほめ言葉のひとつもない・・・。


このように周りがほめてくれない、という人がほとんどではないでしょうか?


わたしの実感だと、9割、いやそれ以上の人には、「ほめ」が不足しています。


多くの人が、慢性的な「ほめ不足」なのです。


慢性的な「ほめ不足」が続くと、負のスパイラルに入ってしまい、自分に自信が持てなくなります。


そして、自分を大切にすることができなくなってしまいます。


周りからの「ほめ」が足りないだけではなく、自分をほめることもできなくなってしまうのです。


_______


自分をほめる習慣

原邦雄 著

すばる舎


_______


「ほめる」というテーマを見るといつも思い出す話があります。


斎藤一人さんの著書「仕事はおもしろい」(マキノ出版)よりご紹介いたします。


_______


人に好かれる「ほめ道」について話をします。


言葉とは、波動なんです。


電波みたいなものなんです。


例えば、テレビ局が電波を出しますよね。


出した電波が、テレビ画面に映りますよね。


それと同じように、「つらい」だとか「苦しい」だとか、泣き言ばっかり言っていると、


その言葉の波動が、現実に映し出されるんです。


だから、「人と違う人生を歩みたい」と思ったら、まずは、言葉を変えればいい。


天国言葉を使ったりね。


人と同じ電波を出しながら、「映るものだけ変えたい」ということはできないんです。


人生を変えたければ、自分が出す電波を変えればいいんだよね。


(中略)


人にほめてもらおうと思ったら大変なんです。


空中3回転くらいしないと、なかなかほめてくれないんです(笑)


ほめてもらうって大変なんです。


でも、この世で一番必要なのは、ほめられる人間じゃないんです。


この世で一番必要なのは、ほめる人間なんです。


ほめる人間が少ないんです、この国に。


ほめる人間がいることが貴重なんです。


こんなに需要と供給のバランスが崩れている国って少ないよね。世界でも。


だから、ちょっと、ほめる人間になってごらんって。

 

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

浪花のコーチング税理士[中小企業のホームドクター]さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。