2018-04-13 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板

テーマ:ブログ


【理想の環境をつくるには】

メルマガ「魂が震える話」より

_______


【環境のせいにする暇があるなら、環境を変える力を磨け】


「こんな会社じゃ、こんな仕事じゃ自分の力を発揮できない。環境が悪い!」


そう愚痴りたくなる気持ちもわかる。


興味のない仕事、ダメな上司、力が発揮しにくい環境、不満は山ほどある。


基本的に環境は悪いのだ。


はっきり言おう。


「どれだけ環境のせいにしても、自分の実力は変わらない」ということ。


残念ながら、仕事がうまくいかないのを環境のせいにするというのは、ただの愚痴で
しかない。


大事なのは、環境に屈せず、環境を変えていく力。


理想の環境にしていく、理想の環境に近づけていく力だ。


そもそも理想の環境でしか発揮できない力なんて、知れていると思う。


環境が悪くて実力が出せないというのなら、それは自分の実力が、環境を変えるに至
らなかったことでしかない。


理想の環境とは、与えられるものではなく、自ら掴み取っていくものだ。


_______


己を奮い立たせる言葉。

岸 勇希 著

幻冬舎


_______


日本とヨーロッパで活躍するピアニスト、フジ子・ヘミングさんの言葉をご紹介させ
て頂きます。


___


神にただ、「ああしてください」「こうしてください」と願い事をするだけではいけ
ない。


自分のいまの状態から幸せを考えもしないで、もっといい状態を得たいと欲望だけを
ぎらぎらさせている人が多い。


いつも「どうもありがとう」と、いま生かされていることへの感謝の気持ちを持たな
いと。


幸福な貧乏人もいれば、不幸な金持ちもいる。


結局は自分が置かれた状態の中で、幸せは作りだすことができる。


___


「幸せとは旅の仕方であって、行き先のことではない」


とは、アメリカの政治家、実業家“ロイ・M・グッドマン”の言葉です。


「幸せ」になりたい!って言うのは、「幸せ」をゴール(目的地)にしているという
ことです。


しかし、


「幸せ」とは旅の仕方!


つまり、どんな仕度をして、どこに行って、誰と会って、どんなことして、どのよう
に過ごすか。その過程こそが幸せであるべきなんです。


置かれた状況で幸せを見つける。


老子がいう所の「足るを知る者は富む」


意味は、満足することを知っている者は、たとえ貧しくとも精神的には豊かで、幸福
であるということです。


自分の成長に対しては、まだまだの精神で良いと思うのですが、


人から頂いている物や、人からして頂いた事、今いる環境や、それこそ「幸せ」に関
しては、今ある状況を有り難いと思える心が、更なる幸せを呼び込むのでしょう。

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

浪花のコーチング税理士[中小企業のホームドクター]さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。