2018-04-11 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板

テーマ:ブログ

 

【一休さんのこだわり】

メルマガ「魂が震える話」より

_______


厳しい修行を続けてはみたものの、悟りを開いたかどうか、それを証明することは難
しい。


それなら師となる僧侶が証明書を発行するのがよいのでは、ということから「悟りを
開いた」と認めた弟子に発行したものが「印可状」。


一休さんは、この印可状についてあまり快く思っていなかったようである。


生涯を通して、一通の印可状も与えなかったばかりではなく、自分(一休)から印可
状を与えられたとする者は罰するように宣言もしているのだ。


「つらつら諸方の修道の様子を見るに、誤っている者は極めて多く、正しい識見を
持っている者は非常に少ない。


自分はこれまで一人も印可状を与えた者はいない。


もし仏法がわかった、悟ったと自称する者があれば、寛大な措置をとらずに鞭して役
人に告げて獄につなげてほしい」とまで言っている。


印可状があれば悟得の質を吟味しない風潮があったのであれば、それは修道の形骸化
ということになる。


修道者が俗に対する優越の感情を隠して、水準の低い印可を方便として運用するので
あれば、修道の自壊が始まっていると一休さんは考えた。


一休さんがこだわったのは、僧としての求道。


その原点に戻ることを求めたことで、印可状の有無は意味がないことと考えた。


印可状を乱発することで、修道の質が低下することを嫌い、ひとたび印可状をゲット
してしまえば、その後は何も修行をしないような僧がいたとすれば、そんな風潮を忌
み嫌ったがゆえの行いだったのだろう。


_______


オトナの一休さん

NHKオトナの一休さん制作班 著

KADOKAWA


_______


“松本 明慶(まつもと みょうけい)氏のお話をご紹介いたします。


松本氏は、天才仏師といわれ、17歳のとき、4歳年下の弟の死をきっかけに仏像を
彫り始め、19歳で大佛師・野崎宗慶に弟子入りし、以後40年以上、仏像彫刻一筋
に打ち込んでいる方です。


そんな松本氏が、師匠から教わった最後の口伝「一休さんと船頭」をご紹介させて頂
きます。


___


ある日、一休さんが船で京都から大阪へと木津川を下る時に、船頭さんが、


「この世には地獄と極楽があるらしいが、この世に佛さんが本当におられるのなら
ば、是非見せてくれ。


あなたは高僧なんだから、私に佛さんを見せることなんて簡単でしょう」


と訊ねたところ、


「分かりました。


佛さんを見せて差し上げましょう。


そのかわり、大きな声で、“佛来い!”と叫びながら船を漕いで下さい」


とおっしゃった。


船頭さんは一生懸命大声で「佛来い。佛来い。」と叫びながら、もくもくと棹をさし
続け目的地の淀屋橋に着きました。


大阪で用事を済ませた一休さんが、先ほどの船頭に「おい船頭、佛を見たか。」と訊
ねると、


「お蔭様で、佛さんが見えました。」と・・・。


※「佛を見る」とは「幸せを感じる」というような意味です。


___


師匠の話はここでプツッと終わり、無言で仕事を続けられ、この話の先を伺うことは
できなかったと・・・


この時19歳だった松本氏は、師匠の言わんとすることがさっぱり・・・


ようやくその真意が理解できたのは、時が流れて35歳になった頃と言います。


松本氏曰く、「佛来い」とは、自分がどれだけ心の底から求めて、その道に打ち込ん
だのかで、すべてが決まるのだと。


この船頭さんは、「佛来い」と叫んでいたから、いつもより力が入っていた。


それに、佛が見たいから一所懸命漕いだ。


つまり、自分の仕事に一所懸命になったら、認められ、評価され、感謝の言葉とおひ
ねりがもらえる。


だからこの世で佛が見たかったら、自分の職業に一所懸命打ち込めということ。

 

 


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

浪花のコーチング税理士[中小企業のホームドクター]さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。