胃捻転再発💦


先週月曜日に発症した楽の胃捻転、順調に回復しているかにみえましたが、金曜日に突然再発しました。


ご参考までにその時の様子を書き出してみます。

1.朝ご飯は普通に完食。
       (鶏胸肉、野菜ペースト、白粥、ウコン、フェンネル、自家製甘酒、野菜酵素粉末)

2.水分補給に蜂蜜と赤紫蘇ジュースを薄めた物を
                 昼間に飲ませる。

3.夕方の散歩は楽だけを連れ20分ほど静かに歩か              せる。

4.夕飯、食べたそうにしているが食べられないという感じ。

5.お腹を触ると張りを感じられる。

6.まだ、えずきはしないが、ウロウロし始める

7.この時点で夜間診療に連絡を入れる

8.お腹が目で見ても膨らんできたのがわかる。

9.応急処置でガスピタンを飲ませ病院に向かう。

10.車中で数度ゲップが出た。(捻転はしてない?)

*4〜5の間は2時間程空いてます。


夜間救急病院に着きすぐにレントゲン。
触診した感じよりも実際にはかなりガスが溜まっている事がわかり、直ぐに処置が始まる。
今回は胃穿刺でまずガス抜きをして、その後、全身麻酔で胃洗浄をするという前回と同じ治療法だった。(場合によっては開腹と告げられた)

治療には3時間程かかるという事で一旦帰宅したが、いつ急変の連絡が入るかと気は休まらない。
まさに地獄のような時間。
この間、何がいけなかったんだろう?
              何をすれば良かったんだろう?
と考えつつ、絶対に助かる!助ける!と強く念じてました‼️

連絡は思ったより早くきて、無事に終了したとの事。
ほっと胸を撫で下ろし急いでお迎えに🚗🚙🚗

診察室に入ると、が大人しく伏せて待っていた。
「楽ちゃん、頑張ったね!お迎えに来たよ!
お家に帰ろうね〜」と声をかけた。
正直、泣きそうだった💦

お医者さんの説明によると、今回は捻転の起こしかけだったらしい。
胃の内容物も見せてくれて、他の捻転を起こしたコと比べ、サラサラとしていて処置が楽だった。
と言われた。
内容物は消化されているものの、それが腸に下りなかった感じ。
肝臓の数値は月曜日より良くなっているし、今のところ他の臓器への影響も無さそうだとの事。

*ここで、少々下世話ではありますが医療費の話をご参考までに。
1回目の治療(1泊入院)      7万円弱
2回目の夜間救急              10万円弱

胃捻転はいつ起こるか分からないうえに、深夜の発症例が多いとも言われてます。
胃捻転に限らずですが、日頃から医療費の備えも必要だと強く感じました。

さて、楽ちゃんですが、前回同様、胃のガスが抜けたらスッキリとした模様で、帰宅するなり、
「夕べ食べなかったボクのご飯は何処ですか?」と、自分の食事場所に一目散‼️
もらえないと分かると諦めてご就寝😴
{AC54E7F3-5351-4FDE-B235-EEA9EBB1F9B2}



このまま、治って欲しいけど、胃捻転は仮に固定をしても根本治療とはならず。。。
まだまだ、心配な日々は続きます。

西洋医学では、捻転を起こさない限りは治療法はないとの事。
最終的には胃の固定術しかありません。

今回も手術をするか否かは医師の判断に委ねましたが、幸か不幸か手術はしませんでした。

家族の心配の日々はまだまだ続きます。



毎度の事ながら、今回も心友の皆さんに助けて頂きました。

レイキを送ってくれたり、治療中の楽とお話ししてくれたり...💚💚💚
本当に有難いです😭


パート2では東洋医学の見地から、原因と予防について書いてみたいと思います。


💖Lapooの手作り犬ごはんのお教室、並びにパーティー料理セミナー
8月の予定は、楽の事もあり、まだお出ししておりませんが、セミナーはお休みとさせて頂き、個人セッションでのご対応とさせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。



手作り犬ごはんのお教室
ホームパーティ・セミナーの
お問い合わせ・ お申し込みはこちら↓


LaPooもランキングに参加しています。
よろしければ、ポチっとお願い致します↓
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ







AD