ミクシィでは 沢山の写真付きで掲載されているので
ミクシィやってる方は テラ(和尚)さんで検索してみてください。

では転載 たまに僕の思いを入れてみましたが
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



ダイバーの皆さんにお願いした味噌と扇風機をお届けしてきたのでご報告します。


そもそも「TSUNAGARI」という団体が行なっているこの活動に参加するきっかけは、
代表のかっつん(勝又三成)がダイバーという縁。

■かっつんのブログ→こちら

かっつんと仲の良い「マリング」のしのっち(東忍)が、
僕と「ダイビングショップ海好き」の福ちゃん(福田航平)とかわっきー(川崎寿一)に声をかけ、
ダイバーにご協力いただいた物資を現地にお届けしようということになったのだ。

震災後からかっつんの活動には注目していたが、
本音を言えば、「大丈夫かいな?」「何をしているんだろう?」と少し疑問の目を向けていた。

そんなこと思われてたなんて知らなかった~なぜそう思うのだろう?


というのも、仙台出身のかっつんは、震災直後から行動開始。
炊き出しから物資応援まで、行政も自衛隊もなんのそのでズンズン現地に入っていく。
ブログを見ていて、「今、しかるべき団体を通じずに行動を起こすのは
むしろ良くないのでは?」「大丈夫なのか?」などと思っていた。

しかし、現地に行って、かっつんたちの活動の成果を目の当たりにすることになる。



まず、呼びかけに応えて味噌276.5キロ、扇風機29台が集まる。
北海道から沖縄まで全国各地からダイバーたちが郵送、もしくは直接届けにきていただき、
条件の味噌200キロ、扇風機20台を大きく超える。


個数や量を目標ではなく条件というのにはわけがある。
というのも、お届けする避難所にいる被災地の方々すべてに行き渡るようにするためで、
避難所の人数、あるいは世帯数分がないとお届けしないのだ。

これは避難所の基本で 不公平が出ないように暗黙のルールが直後から出来上がっていた。

これは行政なども同じ理屈なのだが、あちらはさらに大きな規模での平等を求め、
さらに書類上の手続きなどがあって物資が滞ってしまう。
逆に小さい団体の草の根ボランディアのほうが、
少ない物資をピンポイントでお届けできるという現実があるのだ。



「マリング」にて仕分け作業後、「ダイビングショップ海好き」の車に積み込みおよそ4時間。
かっつんの住む仙台に到着し、かっつんと行動を共にし、
毎週のように現地を訪れているやはりダイバーのひでろ~さんと合流。

ひでろーさんは毎週東京から仕訳をメインで来てくれている。

まずは、近くの倉庫へ。


倉庫にはいくつかの支援団体の物資が、
「必要なものを必要なだけ」のコンセプトで集められている。
たとえ善意であっても求められないものを送ってもゴミになるだけ。
その最たるものが冬服であるという。

この倉庫は『とどけ隊』という支援団体がきっかけとなって貸していただいている会津通商の大型倉庫


フィンランドからの物資

フィンランドのママさんが継続して送ってくれている水のいらないミルクは今となっては被災地ママさん内で知らない人はいないくらい TSUNAGARIフィンランド

倉庫から必要な物資を積み込んで南三陸町へ。


仙台からおよそ1時間半。今さら僕が説明するまでもなく、
南三陸町は報道通りの惨状。
しかし、当初に比べればだいぶガレキは片付いている印象。

場所によって 9割片づけされている


かっつんの印象的な言葉。
「ガレキを歩くときは、人様の土地を歩く気持ちを持たねばならない」

写真に夢中になり 歩いている所が 今となっては全て無くなってしまったが 元は家が存在した 未だ被災者の土地 絶対気をつけなくてはならないポイント

「被災地の方に“がんばって”は禁句」

禁句は言い過ぎたかもしれませんが 当初僕も頑張ってください と声をかけて 
みなさんの返答が 怖い顔で『言われなくても頑張ってるよ』と言われ 別れ際に ショックを受けた事があったので


高台にある老人ホームでも人の身長を超えるほど浸水。
天井とのわずかな隙間のおかげで生き残った人も少なくないという。


引き波の強さを物語るように、海辺の木々は海側に向かって倒れている。
なぜか、1本だけ無事な木。




政治的な思惑や地理的な事情によって今でも避難所格差があり、
行政の網の目からこぼれた場所を中心に物資を届ける。

まずは、南三陸町の歌津・馬場中山の避難所へ、
味噌を200キロ、扇風機3台、栄養ゼリーなどをお届けする。




当初、ここに220人が寝泊りしたという

印象的だった被災者の言葉は、
「ここまでやってこられたのは、99.9%がボランディアのおかげ。
行政は何もやってくれない」

そして、お母さんたちは元気にふるまっているがとても疲れた表情をしている。
かっつんに聞くと、毎日、少ない物資で食事と洗濯を回さねばならず、
働きづめなのだという。
「食料はもう足りているだろう」と炊き出しも少なくなってきているが、
こうしたお母さんやボランティアのための炊き出しも大事なのだという。
「冗談抜きに、炊き出しスタッフのために炊き出しもすごい喜ばれるんだよ」とかっつん。

自炊の避難所は女性が三食食事を作るので 洗濯もあり かなりハードで休みはない
徐々に仮設に移動し女性も少なくなるが 残った少ない女性での作業は
今まで以上に大変なんです。
そして 老人ホームや避難所宿など スタッフがクタクタな現場をよく見ます。




次は歌津・泊浜の避難所へ、味噌50箱をお届けする。



芸人仲間も多いかっつんはこうした笑いのケアも行なっていて、
「こんなに笑ったの久しぶり」と感謝されている。ちなみに、
アントキノ猪木の「義援金があればなんでもできる」は鉄板で笑いが起こるそうだ(笑)。

アントキの猪木さんは 被災地の笑顔の為に ものすごい活躍をみせている。

ここではじっくりと生々しいお話を聞かせていただくがどうにも所在無い。
かっつんが築き上げた関係にポッと来た僕が土足で入っていく申し訳なさと、
切なる訴えかけに対してあまりにも自分は無力。

それはともかく、とにかく物資が届いていない現状や
1日中水を汲み続けなければいけないといった現実があった。

県に訴えて さっそく水道が通りました。有難うございます。



最後は東松島市上下堤下のわずか11世帯の避難所へ扇風機11台をお届け。




3つの避難所に物資をお届けし、石巻を通って仙台へ。

大型船が町中にあったり、国道の脇に土葬された簡易墓地があったり。

石巻は 本当に目をつむりたくなる風景です。


仙台に戻ってからは、楽しくみんなで牛タンに舌鼓。
余命少しの患者を追ったドキュメンタリーに涙したすぐ後にお笑いを見て笑うのが人間。
心の寄り添い方より、結果の出し方にこだわった方がよい。


濃い宮城での1日半が終わり、帰路についたのでした。



現地に行くと、驚かされるのはかっつんと被災者との距離。
冗談めかしてではあるが「この人は神様」という言葉がこれまでの活動を思わせる。

行動を起こさなければプラスもないかわりにマイナスもない。
行動を起こすとマイナスも出てくるが、プラスが勝ればよいだろう。
と頭でわかっていても、マイナスばかりを恐れてなかなかすぐに行動は起こせない。
現状、圧倒的にプラスの方が大きいかっつんの行動力には感動すら覚える。

かっつんのやってきたことは実にシンプルだ。

困っている人がいるから、その人のところにいって、
常に気にかけてコミュニケーションを取って、
必要なものを聞いて集めて、必要なだけ平等に届ける。

声があげる人がいない。声が小さい人たちが損をする。
これは被災地でも同じで声の大きいかっつんがその代弁者となっている。

行政からのダイナミックな支援はもちろん必須であるが、
こうした目に見える草の根ボランティアの重要さも思い知る経験となった。

赤十字などへの募金はもちろん尊いが、そのお金がどうなったかはなかなか見えてこない。
一方、顔の見える人に託し、届けた先の顔が見えるというのは、
とても説得力を感じる活動だと感じた。

最後に、多くの支援物資をいただきありがとうございました。
写真でわかるように、現地の方々も大変喜んでいましたことをご報告します。

p.s.
帰りの高速でガイガーカウンターで放射線を測定。
仙台0.12に対して福島の安積PA1.75


1.75×24時間×365日=15.3ミリシーベルト

一番高い数値の場合であし、この数字をどう捉えるかは難しい。
でも、ガイガーカウンターのぐんぐん上がる数値を目の当たりにし、
そっと車の窓を閉じた......。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

本当に 全国のダイバーネットワークで 沢山の方が喜んでいただけました。
逆に 全国にこんなにも力になってくれる方々が沢山いてくれたのだと うれしくなりました。
支援のきっかけを有難うとメッセージくれた方もいらっしゃいました。

本当に 励みになります。 有難うございました。

和尚もこんな日記を書いていただき 感謝いたします。

ミクシィやってる方は 是非ミクシィで見てみてください。
写真沢山で見やすいですよ

全ての人に 感謝

TSUNAGARI
ペタしてね