かつぼんのブログ

かつぼんのブログ

イラストレーター橋賢亀(ハシカツカメ)のブログ
絵描きの日常をぼちぼちと…
橋賢亀サイト ビリジアン航空
http://katsukame.jp/

 

ドリームコミッション

ドリームコミッションというイベントで

私は今忙しくてイベント自体には参加できないのですが、原画が十数点販売されます。原画を売るのは凄い抵抗があるので

迷ったのですが…以下は一部です。このご時世ですがおヒマがあれば足をお運びください

暑さ酷いと反動で涼しい感じの色をたくさん使うようになる…

俺が普段使っているミジェロというメーカーの絵の具は青がとてもきれいなのだ…

凄まじい暑さでバテ気味なのが絵に反映されたね…

ゲリラ豪雨は割と好きなんですよ。2日連続くらって両日とも運良くカフェとファミレスで本読んでたので

窓の外で猛威を振るう雨と雷眺めたよ…

デジタルを始めてみたら、普段アナログで描いてるようなものを再現したいとは思いませんでした…

勢いのあるまま完成させられるような画風になっていくかもしたい。

デジタルは幾らでも直せるので気が楽ですよ、子供の時にクレヨンで描いてる気持ちで最後まで持っていける。

子供の頃好きだった童話で、好みがわかるとの説をみて

俺が一等好きだったのは、ハーメルンの笛吹きだなと思い出す。

ネズミの害に苦しむ街の人が外から笛吹き男をネズミ退治に召喚するが、

対価を払わなかったので、笛吹き男に街の子供を全員連れて行かれてしまうというお話。

とても魅かれる物語である。笛は性的なメタファーうんぬん見たことあるけれども…

何にそんなに魅かれたのか。子供達を誘いだした笛の音、どんなんだろ

何も決めずに画用紙の余白を埋めていくだけの絵。

こういうの描いてるときはたのしくもつらくもない、不思議な時間がながれるのだ…

9時間かかりました。

みなさんにもおすすめだよ

一時歌舞伎町の近くに住んでたんですけど、夜も街が明るいんだよね。

小沢健二の歌で薄緑にはなやぐ街色って歌詞があるんだけど、夜薄緑に明るくてそれ思い出した。

なので都会な感じの絵なのだ

にぎやかなところに住みたいタイプで、ありとあらゆる種類の人間がいるのも、気に入ってたけれど家賃が高すぎただよ…

最近寝付きが悪くて、空が白んでくるまで起きていることが多い。

アマプラで映画、ドラマ見るか、本読むかして眠くなるのを待つのだが

夜が明けてくる前くらいが一番心が落ち着いて、明けてくると何か焦って来てしまうのだ…

 

 

グリムとかアンデルセン等の挿絵を描くのが昔からの夢。

うちで出すかも、と話を頂いて色々絵を持っていったが

今は子供向けの童話はもっとアニメ、コミックタッチじゃないと。ということで

その話はなくなったのでした。その代わりにというわけでもないが他の有名古典シリーズの話を頂いて、絵を描くことに

なってるのだけれどまだ秘密なのや

ひかわ玲子著「アーサー王宮廷物語」

から鳥になる双子、メイウェルとフリン

人が何か別のものに変容していくっていうモチーフ、とても好きなんだよなー

 

「アーサー王宮廷物語」は凄い面白いので、読んでみてね。

2巻のシャーロットの乙女、エレインが人生に復讐する方法がとてもいい。

念のこもった芸術作品が…というモチーフも好き