三菱商事さんのサスティナビリティチームの皆様とは、かれこれ10年のお付き合い。

気候や生物多様性の専門家の皆さんに混じって、
メディアから見た企業持続性の意見を、ということで、アドバイザーのメンバーに、異色ながら、入っています。




こちらは、ケンブリッジ大学連携の雨水利用施設。

ケンブリッジでは、チャペルも素晴らしかったこと。。ため息ものでした。。




ロンドン、ケンブリッジと、関連事業先5社の
レクチャーを受けました。

NYでは、ちょうど国連の気候変動会議の最中で、
BBCでは連日トップニュースの扱い。

メディアも含めて、気候変動への危機意識と取り組みの温度差が、ありすぎです。




ロンドン市内のスーパーでは、
フェアトレード商品が当たり前のように沢山置かれています。有料レジ袋も当たり前。


ガラパゴスな日本。

メディアも過去は環境や気候変動の取り扱いを積極的に取り組んできたのに、震災以降、日本のエネルギー事業が微妙な立ち位置になり、報道が縮小気味、その間、世界との差が一気に開いてしまった感があります。




ショートステイ  ロンドンでしたが。。

得られた情報は、素晴らしいものばかり。

沢山の皆様にお世話になりました!