モトヒメの20 牡馬 

母13歳時4番仔 4月14日生

<岡田スタッド>

価格:1,120万円(2.8万円) 厩舎:上原博之(美浦)

父:ネオユニヴァース(SS系)

母父:ショウナンカンプ(プリンスリーギフト系)

5代内クロス:ノーザンダンサー5×5、バックパサー5×5

 

父ネオユニヴァース×母父プリンスリーギフトのニックス

AEI:0.62 勝ち上がり率24%(17頭)

父SS系×母父ショウナンカンプのニックス

AEI:1.66 勝ち上がり率57%(14頭)

父ネオユニヴァース産駒のうち5代内にSir Ivor(母内)のクロス データなし

 

半兄2頭

浦和5勝、高知1勝(マツリダゴッホ)、2勝(マツリダゴッホ)

 

半姉1頭

高知1勝(シルバーステート)

 

血統面

兄2頭に実績集中、母産駒は牡馬に出た方が良いのか?SS×ショウナンカンプのニックスは2分の1で勝ち上がっていることから、今回は数値集約で勝ち上がる番か?

 

厩舎

近年は10勝半ばの連続で苦戦しているが、出資馬アリンナを復活に導いてくれた手腕は非常に評価している。

 

総括

ワザモノの下ということで、値段盛ってくるかと思ったがそんなこともなく、といった印象。父ネオユニ+兄ブラックマティーニの実績からダート(地方転出)もこなせそうなので、牡馬でこの値段であれば出資はありだろう。ただし、ワザモノは募集馬ツアーで牧雄さんが相当吹いていたので、母唯一の当たりだったという未来も否定できない。

 

ラフェクレールの20 牡馬 

母13歳時7番仔 2月11日生

セレクションセール2021出身>

価格:2,800万円(7.0万円) 厩舎:辻野泰之(栗東)

父:ルーラーシップ(キングマンボ系)

母父:スペシャルウィーク(SS系)

5代内クロス:ノーザンテースト4×3(父×母)

 

父ルーラーシップ×母父スペシャルウィークのニックス

AEI:1.74 勝ち上がり率43%(30頭)

父ルーラーシップ産駒のうち5代内にノーザンテースト(父×母)のクロス AEI:1.12 勝ち上がり率35.7%(126頭)

 

半兄

3勝(クロフネ)、未勝利(ロードカナロア)

 

半姉

未勝利(ハービンジャー)、3勝(クロフネ)

中央1勝、園田1勝(ロードカナロア)、未勝利(ハービンジャー)

 

血統面

父×母父のニックスが優秀も、さらに優秀なロードカナロア×母父スペシャルウィーク(AEI:2.30、勝ち上がり率:43%)のニックスを持つ兄(現2歳のためここから延びる可能性も)、姉の成績がいまいちパッとしないのは引っかかるところ。

 

厩舎

今年初出走から13勝の、実質角居厩舎。期待値は高い。

 

総括

クロフネ×スペシャルウィークの超優秀ニックス(AEI:1.81、勝ち上がり率:52%)の兄・姉の実績が素晴らしいが、ロードカナロア×スペシャルウィークの同じく超優秀ニックスが不発気味ということで、キングマンボ系×母の組み合わせを疑ってしまう。もろもろ語りましたが、1口7万のノーザン系で出資できそうな配合…ノータイムでスルーです(ただ、辻野厩舎は気になる。)。