「ドラえもん」の見方が変わった時 | katosyun(加ト☆しゅん)の現転懐起(げんてんかいき)

katosyun(加ト☆しゅん)の現転懐起(げんてんかいき)

ASDで絵描きで、社会人経験を経て2回目の大学生(教育学部)になる
katosyun(加ト☆しゅん)の日々の雑記帳。

 『映画ドラえもん のび太の宝島』を観てきました。発表当初より、大泉洋の出演や星野源の主題歌が気になっていましたが、公開後しばらくしてSNSやネットでの口コミや評判を受けて、結構久しぶりに映画館で見ることになりました。ネタバレになるので詳細はもちろんいえませんが、近作のリメイクではない新作の中ではマンネリを打破しているというか、勧善懲悪ではない深みのある作風でした。序盤とエンディングテーマではちょっとしたファンサービスもありました。

 

 幼少時はコロコロや小学館学年誌などで育った私にとってドラえもんは馴染み深い作品で、藤子・F・不二雄先生の大ファンでもあります。特に好きな作品は『ミノタウロスの皿』や『気楽に殺ろうよ』、『定年退食』といった黒さ溢れる短編。特に『定年退食』は40年以上前の作品なのになんで現在の高齢化問題を予言できたんだと、初めて読んだときは身震いしたほどです。

 

 今でこそブラック短編集が大好きな私ですが、幼少時からドラえもんと並行して読んでいたわけでは当然ありません。だいたい読み始めたのは高校生くらいの頃。絵柄はドラえもんに近いのに、非常に大人向けの考えさせられるテーマやエグい展開にどっぷりのめりこんでしまいました。『ドラえもん』の捉え方が変わったのはこの時からです。『ドラえもん』の原作漫画を読むときに、この漫画を描いた人が『ミノタウロスの皿』も描いたと考えただけで幼少時の純粋無垢な心はなくなり、より深みを求める形で読むようになりました。そうすると、のび太やジャイアンの登場人物の行動に人間の業を感じたり、ドラえもんの割とフランクで淡々とした言動がクセになったりと、『ドラえもん』の深みを感じられた気分でした。

 

 アニメの『ドラえもん』は、メディアの限界といいますか、そういった隠れた黒さやエグささえマイルドにして子ども向けアニメとして展開されていますが、私はそれはそれでいいと割り切って原作漫画の『ドラえもん』を読んで楽しんでいます。アニメと漫画はどうしても一緒になれませんからね。あと正確には『ドラえもん』のアニメは「大山のぶ代版」と「水田わさび版」があるわけで、声優変更当初は賛否が分かれましたが、私は「どっちも良い」と思ってます。声が変わった程度で深みは変わりませんから。