カテナスのブログ

カテナスのブログ

ブログの説明を入力します。

 新型コロナにともなう緊急事態宣言を受けて区立図書館が休館になってしまった。それ以前にも感染拡大防止のために閲覧スペースが利用禁止になっていたので、自分で選書できずに不自由していたのだが、それでもネットで予約すれば貸し出しすることは可能だった。これが休館になると、予約することもできず困ると不満に思ったのだが、カウンターの女性に「私たちも自宅で待機しなければならないので」と言われて、思わず納得・了解した。

 とはいうものの、閉館になる前に借りておいた本もそろそろ読み終わってしまい、コロナのおかげで夜飲み歩くこともできない身としては、せめて読むものでもないと心許ない。ならば世の中には電子書籍があるではないか、といわれるだろうが、これがどうも私には会わない。一応A社の電子ブックを持ってはいるのだが、購入して1年ほどになるのに、ほとんど試し読みばかりでまともにコンテンツを買ったためしがないのである。念のために言っておくが別にお金が惜しいわけではない。もちろんデジタルなので保管するスペースがないという意味でもない。

 昔教育・研究に携わっていた頃にはそれなりに本を買い集めていた。ところが学校の仕事を辞めた時に、それまで職場に置いていた書籍類を自宅に持ち帰っても収納するスペースはない。かといって古本として売ろうにも、内容も見ずに外見がきれいかどうかだけで二束三文に買いたたかれるのもしゃくに障る。結局資源ゴミステーションを往復して大半の書籍を処分したら、いっそ清々しい気分になった。これからは本を買うことはないのだろうと思い、それからというものはもっぱら公立図書館を利用している。

 そして、以前は本は買って読むものと思っていたのだが、図書館利用に切り替えてみると新しい発見があった。新着図書コーナーが楽しいのである。以前であれば自分の興味のある分野を中心に本を選んで読んでいた。ところが、新着コーナーには全ての分野の本が並んでいる。これまでなら素通りしていたジャンルであっても気になるタイトルがあると手にとって表紙を開いてみると、これが意外に興味深い内容だったりする。消防ホースの巻き方も、和楽器の手入れのハウツーなんかも、そうやって出会った本である。これらの図書を選書してくれたライブラリアンに心から感謝している。

 というわけで、コンテンツを購入する電子書籍ではなく、貸し出しのできる電子図書館が欲しいのである。そこで、そんな電子図書館はないものか調べてみたところ、米国をはじめ海外では電子図書館がけっこう普及しているらしい。シンガポールなどでは図書館利用者の1/3は電子図書館の利用というではないか。ひるがえって日本はというともう一つ知名度が低いようである。ネットで調べると、国内の100館あまりでそのようなサービスがあるようなので、さっそくいくつかの図書館のサイトを探ってみた。ところが、貸し出しできるのは各図書館の通常の利用登録者に限られるようだし、利用できるコンテンツも青空文庫的なものにほぼ限られている様子。おそらく著作権の問題があるのだろうけれど、海外でできるものなら国内でも早く普及できればよいのにと思う。
 早くそのようなサービスが利用できるようになることを願いつつ、、
いや、その前に早くコロナ禍が終息することを切に願っている今日この頃である。
 

 「アンコ椿は恋の花」で知られる伊豆大島は、活火山三原山でも有名で、各種のアウトドアスポーツが盛んなことから、四季を通して多くの観光客が訪れている。その東京都大島町観光課から委託を受けて、昨年の春にデジタルサイネージを5台設置させていただいた。タッチ式のデジタルサイネージで、利用者がボタンを操作することによって日本語と英語の二カ国語で各種の観光情報を調べることができるようにするというのが設置の趣旨であった。

 

 

 このデジタルサイネージの運用を開始したところ、思わぬところから反響があった。大島町の住民の方から、連絡船のその日の運航状況が一目で分かるので大変に便利だと好評をいただいているというのである。連絡船の運航状況を調べるためには、海運会社のホームページを開いて、大島航路を選択する手間が必要になる。しかし、デジタルサイネージなら運航状況のボタンを操作するだけで状況が確認できる。運航状況の元データは連絡船の海運会社のホームページからcsvファイルで受け取って1画面で見えるように加工している。しかも、その日既に出航した船便の発着時刻は薄くグレイアウト表示にして、これから発着予定の便と区別がつき易いような加工も行っている。そのためその表示を見ると、その日に連絡船が欠航していないかどうか一目で判断できて便利だというのである。
 

 

 地域の方々の後押しがあったのだろうか。今春追加で2台のサイネージを設置させていただいた。これからも、地域の情報掲示板としてデジタルサイネージが活用していただけることを願っている。
 

設置者:東京都大島町観光課
設置場所:連絡船乗り場(岡田港、元町港)、伊豆大島火山博物館、三原山山頂、大島町役場、大島空港、大島勤労福祉会館
 

 九段下の交差点から皇居に沿って竹橋方面に歩いていくと、千代田区役所の隣に九段第2合同庁舎がある。この建物に入って右側に行くと麹町税務署、そして左側に歩いてエレベーターに乗ると、東京法務局、東京国税不服審判所、東京航空局あるいは国土地理院関東地方測量部に行くことができる。この度東京法務局から仕事をいただいて、この建物の玄関フロアーにタッチ式のデジタルサイネージを導入させていただいた。

 

 

 東京法務局への来庁目的は、会社・法人の登記や土地・建物の登記の関係が多いのだが、成年後見登録や登記されていないことの証明書の取得が目的で来られる方も少なくないようだ。後者の場合、どこに行けばそのような証明書を発行してもらえるのか、建物1階の総合案内所に問い合わせされる来庁者が後を絶たない。そこでデジタルサイネージで東京法務局の施設案内をし、合わせて各種のお知らせ情報を表示したいというのが導入の主目的である。加えて、上記の通り合同庁舎には法務局以外の官庁も入居しているのだから、このデジタルサイネージにはそれらの官庁からのお知らせも表示できるとよいということであった。

 導入にあたって、東京法務局の担当者と、デジタルサイネージの画面の構成と表示内容について打ち合わせた。そのような場合、ホームページにあるような情報も含めてあれもこれも表示したいと話が膨れあがることがよくある。しかしデジタルサイネージは、特に施設案内が主たる目的の場合には、利用者が必要とする情報を手短に取得できることが肝要である。ホームページのように一人の利用者が情報をグリグリ検索してデジタルサイネージを占有されては困るのだ。というわけで、下図のような構成のデジタルサイネージが完成した。

 

 

 画面の上部1/3ほどには常に玄関フロアーの略図が表示されていて、麹町税務署側とその他の官庁側に行き先を振り分けると同時に、総合案内所で最も問い合わせの多い「登記されていないことの証明書」が4階で取得できることが一目でわかるようにした。下部2/3は、利用者が画面右下のボタンを操作することによって各種の情報を表示させることができる。東京法務局の「施設のご案内」のボタンをタッチすると、合同庁舎の簡単なフロア構成図が表示される。そしてその図の上には「成年後見登録」などのボタンが並ぶ。これらは総合案内所で問い合わせの多い項目を選んであり、ボタンを操作すると、その目的階が赤枠で強調表示される仕掛けがしてある。

 また、「人権について」などのボタンを操作すると、それぞれのお知らせ情報をボタンを切り替えて表示させることができる。この部分は、前々回のブログで説明したファイルボタン機能を利用している。官庁からのお知らせ情報には複数ページにわたるものも少なくないので、それらをpdfファイルで管理できるというので担当者から好評をいただいている。何より、お知らせ等は常に最新の情報が表示される必要であり、素材の管理が容易で、業務の共有や引き継ぎの簡単に行えるファイルボタンが効果的な利用シーンといえるだろう。

 

 

設置場所:東京法務局本庁舎1F、東京法務局板橋出張所2F