CLOSER

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
クローサー (UMD Video)

[監督]マイク・ニコルズ

[出演]ジュリア・ロバーツ

    ジュード・ロウ

    ナタリー・ポートマン

    クライヴ・オーウェン


あらすじ… 
 小説家志望のジャーナリスト、ダンはある日

 ロンドンの街中で、ニューヨークからやって来たばかりの

 若いストリッパー、アリスと出会う。恋に落ちた2人は

 間もなく同棲を始める。1年半後、ついに処女小説の

 出版が決まったダンは、訪れた撮影スタジオで

 フォトグラファーのアンナに一目惚れしてしまう。

 彼女もダンに惹かれていたが、アリスとの同棲を知って身を引くことに。

 半年後、“アンナ”になりすましチャットでいたずらをするダン。

 ニセの“アンナ”につられて、水族館のデートに現われた

 医師ラリーだったが、彼は偶然そこで本物のアンナと出逢う…。

感想…

 はじまりは期待できたのに

 途中からグダグダ

 セックスばっかり気にして

 こいつらバカだなぁ・・・

 

 恋人がいても別の誰かに惹かれてしまう

 ってのはまーわかるとしても

 意味不明な二股状態、泥沼状態を作り出している

 ジュードは最後には一人きり。 やっぱバカ。

 最初からこうなるのは見えてた展開

 

 愛の崇高さも、愛の薄っぺらさも

 どっちつかずのグダグダな表現

 監督の意図するところがわからない。


 人がこういった感情に陥ることはわかる

 だけど、感情描写が薄い。

 彼らのキャラクターが薄っぺらい

 すべてが道化のような人生

 この映画自体がペラペラの紙切れだ



 だけど


 ナタリーポートマンの美しさに目を奪われる

 彼女があまりにも輝いているの

 他の大スターが霞んでしまっている

 

 若いから美しいのではない

 あの役柄だから美しいのではない

 演技の向こう側にいるナタリー自身が

 強く美しいのだ