3月22日 能勢温泉だより | 大阪の温泉料理旅館社長「ひろっちゃんの日記」
新型コロナウイルスに関する情報について

3月22日 能勢温泉だより

みなさんおはようさん、でございます。

 

お元気ですか? 元気な訳ないわねえ、コロナコロナでこんだけ騒がれておまけに 「ウロウロせんとお家でじっとしといておくれやす」 ってな自粛要請したりするんやから、危機あおってくれて元気出る訳きゃあねえわねえ。

 

いったい吉村知事の、あれは何なんだろう、「連休にみなさんが ”わっ” と出かけたらこんだけの数の感染拡大しまっせ試算」 て、なんですか? 「国の専門家が言ってるから」 とおっしゃいますが、

 

国の感染症専門チームの専門家っちゅうのは誰なんやろ?、専門家チームっちゅうくらいやから一人じゃなく何人もいるんでしょうな。

 

そのチームの全員がそう言っているのかその中の一人が言っているのかどうなんだろう? 知事や政治家が簡単に滅多なこと言うとますます経済と活気が失せるような気が、、、、特に宿泊施設はもろに影響が出るのである。

 

わたしゃ批判しとるのではないんよ。  従うところは従う姿勢と行動を取っとりますから(しかしそれで予約が減ったりはしませんでした。)

 

最近わたしゃ能勢界隈から人混みへの行動を避けてるし、感染してそうな人に2ⅿ以内に近寄らないようにしているし(嘘です。 誰彼問わず分け隔てなく ”嫁” 以外の人には近着かないようにしとります)夕食も流行ってそうな人がたくさんいるところには行かないし、毎日「おいらだけの貸し切り」みたいな閑散としたお店で夕食を取っております。

 

能勢温泉も食事会場を制限し食事テーブルは1日2組が使い廻しで使用しないよう一回のみの使用で廻っております。

 

レストランは27テーブルあるので宿泊の予約は1日27組で止めて予約制限をしております。 予約一杯の日もありますがコロナウイルス対策料金でお安くしてるんですがこんなこといつまでも続けてると終わりの始まりになっちゃうかなあ。 

 

こうなったら出稼ぎに行くか持ってる資金(そんなに無いが)8割ほど投入して株でも勝ったろかな? とも思うが貧すりゃ鈍するともいうから、、やっぱり要らんこと考えんと家でカップ麺でもすすってじっとしとった方が賢いかな。

 

さてそんな困窮の中能勢温泉の二月の収支は下旬の日帰り宴会も宿泊予約も減ったため売り上げは下落したものの収支はトントンくらいで終わった。 後半コロナが影響したがトントンで終わって ”ほっ” としてます。

 

ところが3月入ってから 「かつて経験したことの無い状況」 になって予約が全然進まない。

 

 

4月5月も続くだろう、もうこれは末期    やね。

 

 

そこで、、、3月4月限定の ”半額やけくそプラン” を打ったところ、たくさんの予約いただきました、でも焼け石に水(予約いただいたお客さん失礼な言い方でゴメンね! 予約には心より感謝しとりまっせ)状態、 とりあえずやるだけのことはやって乗り切ろうと思っております。

 

やけくそ**が心に響きましたら 「一泊二食会席プラン」 も 「客室で日帰りゆっくり半日プラン」 もお問い合わせ頂き速攻予約して頂いて大いにご利用ください。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・かしこ