第3506回 元かんぽの宿から民間に移行後黒字化 | 大阪の温泉料理旅館社長「ひろっちゃんの日記」

第3506回 元かんぽの宿から民間に移行後黒字化

なかなか涼しくなりませんねえ!!

 

この気温、いつまで続くんだ?  明日は法事なのにどちらの喪服を着りゃあいいんだ。 やっぱり夏物かなあ!

 

 

そんな日が続く能勢温泉の決算月の9月も終わり、能勢温泉は14期目を迎えました。

 

平成19年より今回の決算まで13回の決算があり、ありがたいことに全ての年度黒字を続けさせていただいている。  

 

 

これも能勢温泉ファンのお客様のお陰と、、朝に日に夕に北の空に向かって 「感謝の辞」 を唱ております。

 

ご利用のみなさん!!    ありがとうございます。  

 

お陰様で築後40年も経った古い建物ですが改装・整備改善に手を加えるとが出来るほどの売り上げをさせて頂いており、心より感謝しております。 

ただ、「もう少し売り上げが伸びて改善費だけでなくもう少しお金が残らんかなあ!」 と欲の皮を突っ張ったりもしとります。

 

これからも建物自体の古さはぬぐえませんが努力とアイデアでいつまでも古さを感じさせない旅館でありたいと思っております。

 

以後>>>>>引き続き よろしゅう頼んます。

 

 

あっ、そうそう先ほどインバウンドがどうのこうのとテレビで言っておりましたが、当旅館にはインバウンドの来館は皆無と言っていいほどありません。

 

それが良いのかどうかは分かりませんが、当旅館に来られて他のお客様に 「言葉が通じない」 「何をしゃべっているのかわからない」ということは一切(0、1%以下)ございません。

 

外国の方がたくさん来られるところがお好きな方はそちらに、「そうでない旅館がいいな」 という方には能勢温泉へどうぞ。

 

 

 

 

令和元年 10月4日 縁起の良い 「友引」  の日のひろっちゃんの日記でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

zzzz