7月7日 能勢温泉かたせのたより  告別式、 | 大阪の温泉料理旅館社長「ひろっちゃんの日記」

7月7日 能勢温泉かたせのたより  告別式、

おはようございます。

 

今日はおととい幼馴染の阪根くんのおかんが亡くなり告別式である。  

 

ここのおかんはうちのおかんの幼馴染でもあり、親父同士も幼馴染である。

 

告別式は町内の葬祭場、北摂セレモニーホールで執り行われる。 御年満88歳でした。

 

入れ替わりとはいわないが先日より心肺停止に陥って生死の境をさまよって入院していた幼馴染で同級生の寺尾君はおいらの伊勢神宮祈願の甲斐もあって(かどうかはわからんが)奇跡的に息を吹き返し元気を取り戻して今週には退院の運びとなった。

 

寺尾君には会社発足以来30数年間経理関係と決算をやってもらっているので居らなくなったら大変なんである。  

 

とりあえず一安心である。

 

そして夕方には上山辺の 「観音講」 とういう昔からある西国33箇所巡りの会の飲み会である。  昔は毎月各家庭を廻って一杯飲みをやっていて一年に一度は西国巡りをしていたんだがこの時代各家庭で食事の用意をするのは大変ということで能勢温泉ですることになった。

 

メンバーが12人なので、能勢温泉開業以来12年間で144回は廻ってにゃあならんのだがこの12年間で今日が2回目である。 だれかがずぼらかましてそこの家で止まるんである。 止まると数年間は音沙汰無しになるのである。

 

今日は解散を提案したろうかな?と思うが・・・・・旧上山辺区全体の行事だしねえ!!

 

 

今日の講は久しぶりなんだがメンバーのひとり、「おふくろさんが亡くなった幼馴染の阪根くん」 は今日お葬式と初七日ということで欠席である。

 

おいらのおかんも今満89歳でそろそろかな?  と思っているが畑をしたりしてまだしっかりしているので数年は・・・・・・・・・だろう。

 

 

そして今日は友達の塩田くんのおかんの米寿の祝いをここ能勢温泉でしてくれます。  彼には兄弟が12人もいるので大人数だわ。

 

不幸なこと、目出度い事、嬉しいことが重なった日である。

 

 

 

 

ではそろそろ告別式に行って参ります。   さいなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

zzzzz