カサレッチェというパスタ | 料理研究家・片幸子の+sachi kitchen

料理研究家・片幸子の+sachi kitchen

かたさちこのプラスサチキッチン
素材のこと・作り方のこと・おもてなしのこと・繋げたい家庭料理のこと
「てづくりごはん」がもっと楽しくなる情報をお届けします!


テーマ:
このパスタ、好きなんです!



最近、日本で手に入るパスタの種類がとても増えましたね。

こちらは、カサレッチェという、シチリア(イタリア)のパスタです。
ショートパスタの中でも、特に好きです。

ほかにも、リガトーニ(太いマカロニ)、パッケリ(特大のマカロニ)、
トロフィエッティ(細くねじったパスタ)なども大好きですが、
トマトとなすがたくさん冷蔵庫にあったので、
「トマトとなすといえば、シチリア!」という単純さで、カサレッチェに。

この形状は、トマトソースと抜群に合います!

にんにく、唐辛子、フレッシュトマト、ハーブ入りソーセージをオリーブオイルで。
たっぷりめにオリーブオイルを使うと、トマトの水分と乳化して、
パスタにからみやすいとろっとしたソースになります。


なすは角切りにしてこちらもオリーブオイルで炒めます。
写真は炒めている途中。
香ばしく、焼き色がつくまでなすを炒めると、甘みが出て、水っぽさがなくなります。

トマトのフライパンに、なすを合わせて、トマトペーストを加えました。
トマトペーストは、トマトが濃縮されたもの。うま味とコクが、格段にアップします。
ビーフシチューやカレーなどの煮込み料理のコクづけにも活躍しています。

ゆでたパスタを合わせて、ゆで汁を加えてしっかりと味をしみ込ませます。

ロングパスタであっても、ショートパスタであっても、
この工程が一番大事だと思っていて、最も集中する瞬間。

パスタとソースは、合わせて混ぜるくらいでは、まだ味がバラバラ。
「しみ込ませる」ことを考えると、格段に一皿のクオリティーが上がります!

ゆで加減や、ゆで汁の塩分も大事です。
パスタは、簡単なようで奥深く、そしておもしろい素材のひとつですねー。


アツアツの出来上がりに、フレッシュハーブをたっぷり添えて。

これからの季節、また夏野菜たっぷりで楽しめそうです。



片 幸子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス