と言っても、例年の様な賑々しい、鼓笛隊のパレードも無い、氏子総代と宮司さんだけのひっそりとしたものに成りました。

 

 ただ、その分厳粛な雰囲気に成りましたが。

 

 祝詞を上げて、総代一同(平日なので長老方と私の様な自営業的な人間しか行けませんが)

で、玉ぐしを捧げます。

 

 起源は、平安の昔に上ると言われる、神社ですが、言ってみれば田舎の氏神様です。

 

 最近は、国指定の天然記念物である、大楠のおかげで隠れたパワースポットとして、雑誌でも取り上げられ、観光客や周辺地域から、お参りする方が増えましたが、私が子供の頃は、村の人しかお参りする人も無く、子供達はご神木に上ったりして、とても楽しい場所でした。

 

 今日は、足が動かない事と、店を一人のスタッフに任せて出て来ていたので、本殿での儀式の後、湯立神事は出席せず、先に失礼しました。

 

 他の村から越してきた来た人には、また違う思いも有るかも知れませんが、ここの大楠は、私を見守ってくれただけでは無く、私の両親や、祖父母、そして曾祖父達もみんな等しく見舞ってきてくれたご神木です。

 

 私達が神社で参拝する時は、このご神木にも参拝するのが、両親とお参りしていた頃からの私の習慣です。

 

 ただ、近年は地下水が少なくなって、周りに木々も少なくなったのか、やや元気が無いので、毎年節分前位に、肥料を神社の敷地一杯を掘り起こして撒きます。

 

 千年以上、私のご先祖様を見守り続けてくれた大楠。

 

 出来れば、ちゃんと次の世代に残したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変長寸のお刀で、しかもなかなかに健全で、迫力満点のお刀です。

このまま観賞用にするのが一般的と思いますが、拵を付けて、抜いてみるのも面白いかも知れません。

それは、お使いになる貴方次第です。

見て頂いた通り、欠点と成るような大きな傷も無く、保存状態も大変良かったのだと思います。

とても長くて、一般的には使い難いかも知れませんが、鞘引きの上手い方なら、抜けない長さでは無いと思います。

【長寸・斬れ味良し】「無銘」 77.4.cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!