以前、ブログで、樋鳴りを良くするため、深樋をすると、刀に良くない事だと書いた事があると思います。

 

 しかし、今も深樋の相談は時々寄せられます。

 

 居合刀の様な、単一の金属で作られて居れば、少なくとも、見た目は、そんなに問題ないと思うのですが、真剣の場合は、通常、比較的柔らかい芯鉄の上を硬い被鉄が覆うような構造になっているかと思います。

 

 樋を深く掘ると、その芯鉄の部分が出てしまって、その部分は、色の違う鉄が露出したり、隠れていた鍛え傷が表に出たりする事があります。

 

 また、当たり前の話ですが、刀身の中央付近に両面から樋を掘っていけば、その真ん中の部分は大変重ねが薄いことになります。

 

 当然強度が落ちます。

 

 全くものを斬ることも出来ない、飾り物のような刀になってしまうことも珍しくはありません。

 

 こうなると、「日本刀」と呼んでいいものかどうなのか、分からなくなるようなことがあります。

 

 まだ、現代刀匠の作でバリバリと頑張っておられる刀匠さんのお刀であれば、新しいものが次々生み出されるので、少しは気が楽なのですが。

 

 しかし、昔の刀は新たに作り直すことができません。

 

 そこに深樋を掘れば、刀としてはかなり致命傷になってしまいます。

 

 人間ですから、いずれ高齢になれば今まで自由自在に扱っていた刀も重くなってしまうと言う事はあると思いますが、その時は、もう少し軽いお刀に買い替えられたら良いかと思います。

 

 以前、かなり時代のあいそうなお刀に深樋をしたためにあちこち鍛え傷が出たり、芯鉄が出ていたようなものをこちらで補修させていただいたことがあります。

 

 精密溶接で肉盛りをしてもらって、それを研ぎでごまかすのですが、刀が本当にかわいそうに思いました。

 

 深樋を入れたがる一番の理由は、居合の形演武で、鋭い樋鳴りを出して、上手く見せたいという理由によるところが殆どだと思います。

 

 居合自体は、日本にしか無い武道で、日本文化の入口にも成りうる、素晴らしい物だと思うのですが、そこで、演武を上手く見せる為に、刀を傷めるのは、少し違うと思っています。

 

 仕事ですから、お客様から依頼が有れば、出来るだけ応えなければ、使ってもらえません。

 

 お客様の気持ちを、出来るだけ形にするのが私の役割とは思っています。

 

 でも、大事な文化財であり、心の支えにもなる、神器日本刀を、もっと大切にしてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、樋入りの刀を探しに来られたお客様が、店の前で振られて、一番樋鳴りが良いと評価されたのはこのお刀でした。

ただ、実際に使うのが、女性の方と言う事で、一番軽い刀を選んで行かれました。

私は、リーチが極端に短い事もあり、70㎝を食えると使い難く成ります。

居合刀の長さを身長から、決める様な決める様な表を見ることが有りますが、人の体型はそれぞれ違いますから、自分で確かめるのが一番だと思います。

当店は、実際に振って見てもらえます。

【研ぎ上がり・斬れ味保証】「無銘」 69.1cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!