スマホを持っていると、時々いろんな所から、頼んでも居ないのに、ニュース記事が配信されてきます。

 

 パソコンも、マイクロソフトエッジを立ち上げると、いろんなニュースが並んでいます。

 

 その記事の中に、最近急に、自民党総裁選の記事が増えた気がします。

 

 まあ、時期を考えると、そんなに不思議では無いのですが、やや気に成る事に気付きました。

 

 最初に、出馬を表明し、保守系の論客の中では、評価の高かった、高市氏を批判する記事が配信されてくるように成りました。

 

 高市氏は、安倍前総理に近く、その主張も、安倍前総理の方針をより明確に述べて居られて、私には、分かり易い主張をされていると思っていたのですが。

 

 何故かここに来て、ネット配信されるニュースに、高市氏を批判するニュース記事が多く出る様に成った気がしています。

 

 新聞でもテレビのニュースでもそうですが、いろんな主張の中のどれを取り上げて、見ている人に送るかは、配信する側が自由に操作出来ます。

 

 配信する側に意図的な物があれば、配信者そのもので無くとも、配信者に大きな影響を与えられる存在が居るとしたら、国民の考えを誘導して、日本人の特徴とも言える同調圧力を増やして、全体の流れを恣意的に特定の候補に集める事が可能です。

 

 しかし、マイクロソフト等は、そんなに簡単に論調を誘導させられる様な規模の会社ではありません。

 

 そう言う所に影響力を行使できるとしたら、巨大な資金と特定の候補に勝たれては困る力の有る者と考えると、高市氏の主張からすると、中国位しか思い浮かばないのですが。

 

 勿論、私の考え過ぎかも知れません。

 

 ただ、日本の一正当の総裁選挙での主張と言う、極めて内政の問題に、思い切り抗議をしてくる、中国の影を感じて仕方がないのです。

 

 杞憂かも知れません。

 

 とりあえず、私達としては、それぞれの方の、今までの主張や、実績を良く知って、考えていく事が必要だと思います。

 

 そしてそれは、自民党内の総裁選挙の後に来る、衆議院議員選挙でも、過去の主張を良く調べて、ムードだけに乗せられない様に、注意しなければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長さは短めのものの、刀身重量はしっかりと有り、竹等の堅物試斬にも十分対応できるお刀と思います。

私の、竹切り用の「義尚」も、65.8㎝と殆ど同じ位の体配ですが、上位に居られた方の軍刀身は、斬る者には、大変安心して使う事が出来ます。

【研ぎ上がり・斬れ味保証】「源天秀」65.6cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!