本日、軍刀身が白鞘作成から上がってきました。。

 

 普段なら、白鞘ではなく、打刀拵で居合に使えるようにするのですが、この刀を研ぎに出したところ、「大変よくできた日本刀で、打った方の気迫が伝わってくる。そう言うお刀なので、試斬用にするには少しもったいないのではないか?」と言うことを研ぎ師さんから言われました。

 

 調べてみると、大変な経歴の方で、当時も刀匠としてのランクはトップクラスにランクされていましたが、なんと、京都の立命館大学に「立命館日本刀鍛錬所」と言うものが設立され、そこで、日夜軍刀を作刀されて居たことが、分かりました。

 

 そこで、所長を務めて居られたのが、この刀の作者で有る、桜井正幸氏でした。そこで、昭和14年から昭和20年まで作刀が行われていました。

 

 その門下生からは、後に人間国宝となられた、隅谷正峰氏等、多くの刀匠を輩出しました。

 

 現在の感覚では、大学で軍刀を作ると言うのは、考えられない様に思いますが、当時は、「古来より伝わってきた日本刀の鍛錬技術を残す事は大変意味のあること」であり、いずれは、「日本刀学科」を設立する構想もあったようです。

 

 そんな方のお刀であれば、と、今回白鞘を誂え、再度仕上げ研ぎの為、研師に送る手筈になって居ます。

 

 軍刀と言うととかく、粗悪品と見られる傾向がありますが、本鍛錬された良刀も数多く有りますし、当時の日本の世相を良く反映したものであると思います。

 

 考えようによっては危険な風潮かも知れませんが、日本人全体がそういう考えを共有していたのだと思います。 

 

 この刀も、綺麗にして、白鞘に保管し、いずれ、大切にして頂ける方に、販売しようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

重ね厚く、反りの少ない、幕末らしい一振りです。

やや重いお刀で、大変健全な豪刀です。

拡大写真で無いと分からない程度の錆が難点ですが、実用に徹して考えて頂けたらと思います。その分価格で引かせて頂きました。

【反りの少ない豪刀】「藤原継平」69.9cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!