オンライン診療でフェムシップドクター活動しています! | 痛みで苦しまない人生を医学の力で導く痛み改善ドクター富永喜代のブログ

痛みで苦しまない人生を医学の力で導く痛み改善ドクター富永喜代のブログ

富永ペインクリニック院長。医学博士。2万人の臨床麻酔実績を持つ麻酔科医。金スマ、ホンマでっか⁉︎TVなどメディア出演多数。著書は40万部超。確かな腕とユニークなキャラクターが人気を呼ぶ富永喜代のブログ
https://tominagakiyo.net/

今日は、『フェムシップドクター』の活動をご紹介します。
.
フェムシップドクターは、望まぬ妊娠やDV,レイプなど、社会的しわ寄せをダイレクトに被った女性たちを、医療で救うべく立ち上がった女性医師15人の集団です。
.
ある産婦人科女性医師は、中絶手術やDVシェルター確保に動き、ある女性医師は地域のレイプを受けた女性を助けるNPOと連携を組み、ある医師は、アフターピルの処方やレイプ後診断など、それぞれの地域で、それぞれの得意分野で活動を繰り広げています。
.
私の活動は、オンライン診療でアフターピル(飲む中絶薬)を処方したり、家庭内で望まぬ性交を強要され性交痛に悩む女性を医療でケアする活動を行っています。
.
私は愛媛県という地方在住医師なのですが、オンライン診療を活用することで、全国の性交痛の悩みを持つ女性が診察を受けることができるようになりました。
.
四国のフェムシップドクター(日本女性財団)は、まだ私一人しかいません。
そして、フェムシップドクターのほとんどは産婦人科医ですが、全身を診る唯一の麻酔科医師として、社会的弱者になってしまった女性に違う角度から手を差し伸べることができるのではないかと考え、オンライン診療などできる手段をフル活用して活動を続けています。
.
皆様、これからも応援のほど、よろしくお願いいたします。