女医が報告~新型コロナワクチン接種 | 痛みで苦しまない人生を医学の力で導く痛み改善ドクター富永喜代のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

痛みで苦しまない人生を医学の力で導く痛み改善ドクター富永喜代のブログ

富永ペインクリニック院長。医学博士。2万人の臨床麻酔実績を持つ麻酔科医。金スマ、ホンマでっか⁉︎TVなどメディア出演多数。著書は40万部超。確かな腕とユニークなキャラクターが人気を呼ぶ富永喜代のブログ
https://tominagakiyo.net/

愛媛県松山市の富永ペインクリニック院長

痛みの専門家 富永喜代です。

 

人気記事 
まじかるクラウン 女医が教える!セックスで濡れない膣をよくして性交痛をなくす方法
まじかるクラウン ヘバーデン結節が治りました
まじかるクラウン なぜ麻酔科医になったのか Part1
まじかるクラウン 麻酔科女医が教える!注射の痛みをなくす方法
まじかるクラウン 【Diorアイシャドウ】 化粧が苦手なアラフィフ女子でも魅惑の瞳が作れた結果

まじかるクラウン 更年期に潤いある輝く暮らしを ~ 更年期うつから回復しました ~

 

 

医療従事者対象の第1回目、

新型コロナワクチン接種に行ってきました。

会場は、松山市医師会館大ホール。

.

 









 

『注射の痛みをなくす方法』を

YouTube動画でアップロードしている

注射のプロ麻酔科医が ”痛い”と噂される

筋肉注射のワクチン接種で有効か実証です。

.

 





チャンネル登録、よろしくお願いします!

 

 

 

 

医師による予診の段階から、

凍らせたペットボトルを方の筋肉

三角筋に押し当て、冷却麻酔を行います。

.

 


 




 

時間にして数分。

皮膚が少し赤くなる程度で大丈夫でしょう。

ポイントは、直前までキンキンに冷やすこと。

.

 



 




今回は

打つまでの待機時間がなかったので、

本人確認を行い、即、注射。

.

 



 

ね、

やっぱり痛くな~い。

.

 

 

 

ワクチン接種後は、

隣の中ホールで、間隔を開けながら

15分座って待機します。

(大きく表示されたタイマーを見ながら、自分で測ります)

.

 





 

当院のスタッフみんなで

車を乗り合わせて行ったので、

帰りも一緒に、無事帰ってきました。

.

 


 

注射後、

すぐに起こるアナフィラキシーは

無かったけれど、

 

 

 

これから徐々に腕が腫れ、

痛みが誘発されることもあるので、

今夜は経過観察です。

.


 


 



筋肉注射の痛みが怖いな、と思う方は、

前夜から

凍らせたペットボトルをご準備下さい。

 

 


 

注射直前まで肩の筋肉(三角筋)を

冷やし続けると、

注射の痛みは取れますよ~♪

 




 

フォローしてね

 

ポチっとおしてね↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

■富永喜代プロフィール
ーーーーーーーーーーーーーー
 
医療法人TMC(Tominaga Medical Communication)理事長。

富永ペインクリニック院長。医学博士。産業医。

 

 

 

465gの赤ちゃんから104歳の高齢者、

FIFA日本サッカー代表などのプロアスリート選手など、

(通常1日2人のところ)1日平均12人、

2万人超の臨床麻酔実績を持つ。

 

 

 

YouTube 総再生回数 700万回突破。

チャンネル登録者数 6万人。

TikTokフォロワー 4万4千人。

 

 

 

愛媛県松山市で開設する性交痛外来には、

8週間改善メソッドなどの指導を受けたい女性が

日本中からオンライン受診している。

 

 

 

経済産業省

『平成26年度健康寿命延伸産業創出推進事業』を

委託されるなど、痛み最新医療のリーダーとして

注目されている。




確かな腕とユニークなキャラクターが人気を
呼び、TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」、
フジテレビ「ほんまでっか!?TV」などの
テレビ番組に出演。
  

 


肩こり改善メソッドの処女作
「こりトレ」(文藝春秋)は10万部など、

累計50万部の著者である。
 

 

 

◆ 富永喜代 公式ホームページ   こちら

 

◆ 富永YouTubeのチャンネル登録はこちら → リンク 

 

◆ 3万人を超えるフォロワー TikTok → こちら

 

 富永喜代の公式SNS 

◆  facebook       → こちら

◆ インスタグラム  → こちら

◆ Twitter             → こちら

 

◆ セミナー、講演会のお問合せは → こちら